腹帯、妊婦帯、マタニティガードルをチェック。イチオシ5選

赤ちゃんが成長するにしたがって、ママのお腹もどんどん大きくなります。妊娠5ヵ月あたりから背中が反った姿勢になり、腰に負担がかかることも(>_<)。腰痛などトラブルを招きやすくなっている体をサポートするためにも“腹帯”や“妊婦帯”、“マタニティガードル”の着用は欠かせません。今回は、腰痛対策に効果があると先輩ママたちもオススメの“腹帯”“妊婦帯”“マタニティガードル”を5つ紹介します♪


マタニティガードル 妊婦帯ガードル (トリンプ)

大手下着メーカーの「トリンプ」と「ピジョン」が共同開発した“マタニティガードル”。上品なレースとエレガントで華やかデザインが「女性らしさ」を求めるママには人気のようです。

外付けにあるベルトが、お腹を下からしっかりホールド。さらに、腰部分にはパワーネット機能があります。 腰痛には安心ですね^-^

1枚履きが可能なところも、嬉しいところ。お揃いのブラも発売されているようですので、揃えてみてもいいかも知れません♪

出典:楽天市場

 


オールインワン マタニティパンツ (犬印本舗)

マタニティの下着といえば、「犬印本舗」ですね^-^

その「犬印本舗」が産婦人科医監修のもと、モニター検証を何度も重ね、全力を尽くして作り上げた“オールインワンタイプ”の妊婦帯。 妊娠中に負担のかかる“骨盤”“腰”“お腹”をすべてをサポートしてくれるパンツタイプです。「骨盤ベルト」と「お腹サポートベルト」のふたつの機能を同時に満たしてくれる画期的な商品です。

出典:amazon.co.jp

 


産前用ボトム マミングサポート 調節ベルト付 (ワコール)

大手下着メーカー「ワコール」から発売されている“マタニティガードル”。さすがは「ワコール」、品質の高さには定評があります。

お腹部分は、下から斜め上にかけてベルトでしっかりサポート。 さらに、腰痛が心配な腰部分は、幅広のストレッチテープが優しく包み込んでくれます。 汗をかいても蒸れにくいという吸汗速乾素材が使用されているという点も好評です。

同時に発売されている2WAYマミーブラとカラーペアでコーディネ-トする妊婦さんもいらっしゃるようですよ^-^

出典:amazon.co.jp

 


あったか妊婦帯はじめてセット ボーダー (ピジョン)

着脱しやすい腹巻きタイプの“妊婦帯”と大きなお腹を支える“サポーター”のお得なセット。セットとしても単品としても使うことができます。 “妊婦帯”の「脇に縫い目がない」という細やかなメーカーの配慮は、肌が過敏になりやすい妊娠期には嬉しいですね!

また、“サポーター”は、柔らかい素材で体にぴったりフィット。締めつけ感も自分で調節でき、大きなお腹を下からしっかりと支えます。

装着後は、「ほんのり暖かい」というクチコミをよく見かけます。レビューの評価も高いオススメ商品です^-^

出典:amazon.co.jp

 


ワンタッチ妊婦帯 (ローズマダム)

パンツスタイルでも扱いやすく、働くプレママにも人気のローズマダムの“妊婦帯”。 お腹にあたる部分は綿100%ですので、敏感になった妊娠期の肌にも安心です。ベルト部分は伸縮性に優れた素材で、楽に着用出来ます。

他の“妊婦帯”と比較しても、幅広でお腹や腰のサポート力は抜群!マジックテープで調節できるのも簡単でいいですね^-^

生地がふわふわと暖かいようですので、秋以降のご利用には特にオススメです。

出典:amazon.co.jp