子育てあるある漫画「サンタさんにいいつけるよ」篇。クリスマス限定、ママ禁断の言葉

「サンタさんになんのプレゼントお願いする?」。クリスマスシーズンの子どもとのお決まりのやりとりをする時期になりましたね。子どもたちが大好きなクリスマス、子どもたちが大好きなサンタさん。ママにとってはしつけや育児に使えるありがたい存在でもあります。漫画家の赤星ポテ子さんのご家庭でも「サンタ」のひと言は効果絶大。クリスマスシーズンは子どもを思い通りに操っているようです。今回は、その一部始終をマンガにしてもらいました。

クリスマスが近づくに連れて、子どものワクワクは増すばかり!

どうも頑張れないママ漫画家・赤星ポテ子です。子どもと若いカップル達にとって、ビックイベントが近づいてきていますね。

12月のビッグイベントといえば…、そう、クリスマスです!うちの子どものタクゾーは今まではボケっとしていたので、サンタクロースの存在をよく理解していませんでした。

でも、今年は違います。

彼も今年でもう4歳。10月頃から、Youtubeで見かけたオモチャを片っ端から「サンタさんにお願いする!」とクリスマスに向けて意気込んでいます。

(絶対~全部買ってあげねぇ~!)

今までは安いプレゼント(お菓子とか)でも喜んでいましたが、4歳児ともなるとそうもいかないようです。


クリスマスプレゼントは何個まで?

みなさんは小さなお子さんへのプレゼントはいつも何個ぐらい用意していますか?タクゾーは一人っ子なので、甘やかしすぎではいけないと思いつつも一つ一つの行事すべてに親の気合がはいり、ついつい豪華になってしまいます。

うちの貪欲チャイルドは、今年は101個のプレゼントが欲しいそうです。

子どもの純粋な夢を壊したくないので、数を誤魔化すために適当なお菓子を買おうと思っています。


クリスマスまで子どもを思い通りに操る禁断の言葉

はい、やっとここから本題にはります。

10月ごろからクリスマスを大変待ち遠しそうにしていたので、サンタさんをしつけに利用させていただきました!

言い始めてから2ヶ月が経った今でも、サンタにチクるよ作戦は有効です。

時々バリエーションをつけて、「今からサンタに電話する」といって電話をかける真似をしたりします。

かわいいお子さんに振り回されているママさん、「子どもを思い通りに操る禁断の言葉」を是非お試しあれ!

クリスマスの夜はパパとママがサンタになる日。みなさんどうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

メリークリスマス☆


子どもの偏食を描いた子育てあるあるマンガ

「タクゾーの嫌いな食べ物をかわいく上手に残す方法」子どもの偏食実体験マンガ


マンガ・テキスト:赤星ポテ子さん

広告制作会社・IT業界を経て、不妊治療を機にフリーランスのイラストレーターに。コミックエッセイを中心にCM制作、コラム連載など幅広く活動。自身の不妊治療・妊娠・出産の経験を描いた著書「ベビ待ちバイブル」「マンガ解説 よくわかる! 妊娠と出産」も出版。

ホームページやSNSで子育て絵日記や体験談も随時公開中!

体験取材マンガ家赤星ポテ子ホームページFacebookInstagramTwitter

この記事が気に入ったら「いいね!」してね