妊婦の冷え対策に!揃えておきたいマタニティウェアはこちら

妊婦さんのためのマタニティウエアは、トップス、パンツ、下着、パジャマ、腹巻などなど、たくさん売られています。「全部必要な気もするけれど、すべて買い揃えるのはお金がかかってしまうし…」とどれを買っていいか悩んでしまいますよね。 どのマタニティウェアが必要かは、出産する時期でも異なってきます。そこで、主なマタニティアイテムについて、買うメリットやいつからいつまで使えるかまとめてみました。


マタニティコートは出産予定の時期を問わず必要?

寒い時期に出産予定のママにとって必要なマタニティコート。冬や初春に出産予定の妊婦さんは、コートが必要な時期にお腹も大きくなりますので、いつものコートは着られない可能性があり、マタニティコートの必要性は高いといえるでしょう。

マタニティコートを買うのであれば、産後にママコートとして着ることができるコートがオススメ!マタニティコートの中には、赤ちゃんを抱っこできる機能を搭載しているコートもあるんです。出産後もそのまま着ることができて、コートの中で赤ちゃんと一緒に暖かくなれるのはなんだかホッコリしますね♡

また、妊娠中にマタニティコートが必要ないプレママも、ママコートとして使用できるので、買って損はありませんよ。


出典:Instagram

 


妊娠中のトップスやパンツはどこまで必要?

妊娠初期は、普通の洋服でも問題なく着ることができますが、妊娠5ヶ月目頃からお腹が目立つようになり始め、これまでの洋服の中には着られないものも出てくるでしょう。

そこで、必要となってくるのがマタニティ用のトップスやパンツ。トップスはゆったりとしたワンピースや伸縮性のあるカットソーが発売されています。マタニティ用のトップスを購入する場合は、授乳期も着られる工夫がされたアイテムがおすすめ。また、トップスは大きめのサイズの洋服で代用することもできます。

パンツはお腹が出てくると、妊娠以前のパンツやスカートは履けませんので、トップスよりも必要性は高いです。お腹を締め付けないような工夫がされたマタニティパンツを数着用意するのがおすすめです。

妊娠中のトップス、パンツの選び方は下記の記事でも詳しくご説明しています。

マタニティウエアはいつから必要?妊娠中のトップス、パンツの選び方


妊娠中の大敵、冷えの予防はを腹巻きで!

マタニティウエアの専門店などで売っている腹巻きは、妊娠中にお腹が冷えてしまうことを防ぐためのアイテム。お腹に負担がかからないよう、締め付けないような作りになっています。妊娠中にお腹を冷やすと様々な悪影響が出てしまう可能性がありますので、腹巻きはとても大切なマタニティアイテムです。腹巻きには、保温をするタイプとお腹の重みを支えるタイプがあります。マタニティウエアを扱うベルメゾンのホームページ(http://www.bellemaison.jp/cpg/special/mtntyguide/maternity/m_nin.html)で詳しく説明されていますので、チェックしてみてくださいね。

また、上手使えば、マタニティコーデのアクセントに使えますので、冷え予防だけでなくファッションとしても楽しんでみてください。

 


マタニティタイツやストッキングはどうする?

下着などと同じインナーのマタニティアイテムがマタニティタイツですね。マタニティタイツは、ウエスト部分が伸びるようになっていて、妊婦さんでも身に付けることができるタイツなんです。スカートを履く人は、寒い季節は特に冷えてしまう可能性がありますので、マタニティタイツを合わせると、保温性があってオシャレにもなりそうですね。 タイツだけでなく、ストッキングやレギンスなどのマタニティアイテムがあります。お気に入りのデザインは着心地で選び、必要に応じて買ったりするのもいいかもしれませんね。1足1000円程度ですので、マタニティウエアのついでなどにも買いやすそうですね。


マタニティウエアのブランドをチェック

妊娠中もオシャレしたい!マタニティウエアはこの5ブランドをチェック

 

この記事が気に入ったら「いいね!」してね