妊婦の冷え対策に!揃えておきたいマタニティウェアはこちら

マタニティウエアって本当に必要なのかなと思っていたりしませんか?また、マタニティウエアや下着はわかるんだけど、どこまで買ったいいのか…なんて考えちゃいますよね。だって、買い揃えたらきりがないし、お金もその分かかっちゃうし。そこで、買うかどうしようかマタニティアイテムについて買うメリットをまとめてみました。


冬に出産予定のママはマタニティコートも必要?

寒い時期に出産予定のママは、コートも考えなきゃですよね。さすがにおなかが大きくなったら、いつものコートは着られないだろうし。でも、コートはマタニティウエアよりも費用がかさむし、その割には着るのはワンシーズンだけ…。買うかどうしようか迷っちゃいますよね。

もし、マタニティコートを買うのであれば、産後にママコートとして着ることができるアイテムがオススメ!マタニティコートの中には、赤ちゃんを抱っこできる機能を搭載しているコートもあるんです。出産後もそのまま着ることができて、コートの中で赤ちゃんと一緒に暖かくなれるのはなんだかホッコリしますね♡


出典:Instagram

 


妊娠中の大敵、冷えを腹巻きでガード

マタニティウエアの専門店などで売っている腹巻きは、妊娠中にお腹が冷えてしまうことを防ぐためのアイテム。お腹に負担がかからないよう、締め付けないような作りになっています。妊娠中にお腹を冷やすと様々な悪影響が出てしまう可能性がありますので、腹巻きはとても大切なマタニティアイテムです。腹巻きには、保温をするタイプとお腹の重みを支えるタイプがあります。マタニティウエアを扱うベルメゾンのホームページ(http://www.bellemaison.jp/cpg/special/mtntyguide/maternity/m_nin.html)で詳しく説明されていますので、チェックしてみて下さいね。

また、上手使えば、マタニティコーデのアクセントに使えますので、冷え予防だけでなくファッションとしても楽しんでみてください。

 


マタニティタイツやストッキングはどうする?

下着などと同じインナーのマタニティアイテムがマタニティタイツですね。マタニティタイツは、ウエスト部分が伸びるようになっていて、妊婦さんでも身に付けることができるタイツなんです。スカートを履く人は、寒い季節は特に冷えてしまう可能性がありますので、マタニティタイツを合わせると、保温性があってオシャレにもなりそうですね。 タイツだけでなく、ストッキングやレギンスなどのマタニティアイテムがあります。お気に入りのデザインやは着心地で選び、必要に応じて買ったりするのもいいかもしれませんね。1足1000円程度ですので、マタニティウエアのついでなどにも買いやすそうですね。


マタニティウエアのブランドをチェック

妊娠中もオシャレしたい!マタニティウエアはこの5ブランドをチェック