【保育士監修】1歳の誕生日はセンス良くしたい!アイテム使いで映える飾り付けとは   

1歳の誕生日は、赤ちゃんが生まれて初めて迎える誕生日のお祝いの日。赤ちゃんにとってはもちろん、ママやパパにとっても大切な記念日です。1歳の誕生日を盛大に祝うために、飾り付けやイベントにこだわりたいという方も多いですよね。今回はそんな1歳の誕生日を素敵な演出でお祝いするために、飾り付けを決める際のポイントや、飾り付けに使えるおしゃれなアイテムをご紹介します。飾るだけで映える写真撮影ができるアイテムばかりなので、飾り付けに悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1歳の誕生日の飾り付けはどうする?

 

初めて迎える1歳の誕生日は、盛大にお祝いしたいと考えるママやパパも多いでしょう。素敵な飾り付けで、家族みんなの思い出になる写真をたくさん残したいですよね。1歳の誕生日の飾り付けを準備する際に、まず押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

1.まずはテーマとメインカラーを決める

 

1歳の誕生日の飾り付けを考える前に、全体のテーマと使用するメインカラーを決めましょう。例えばテーマがナチュラルなら、メインカラーはベージュやブラウンなどの淡い色を選ぶとよいですね。モダンがテーマなら、モノトーンカラーをチョイスするのがおすすめです。

もちろんテーマは雰囲気だけでなく、「恐竜」や「お花畑」などなんでもOK。子どもが好きなものなどをイメージしてメインテーマを決め、飾り付けなどに使用するテーマカラーを決めましょう。

2.誕生日当日のファッションを決める

 

テーマとメインカラーを決めたら、次は1歳のお誕生日にどんなファッションをするのかも決めておくのがおすすめです。まだ決められないという場合でも、洋装か和装かを絞るだけで飾り付けのアイテム選びは大きく異なります。

ナチュラルなワンピースや、モノトーンでシックなタキシード、恐竜の着ぐるみなど。テーマやメインカラーに合わせたファッションを選んで、全体的な雰囲気を頭の中にイメージしておきましょう。

3.飾り付け用のアイテムを選ぶ

 

テーマとカラーと服装が決まれば、あとはそれらに合わせて飾り付けに使用するアイテムを購入したり作ったりしましょう。例えばレースのお洋服なら、レースを飾り付けに使用すると統一感が出ます。

袴ロンパースなどを着用する予定であれば、扇子や傘など和小物を用意すると雰囲気が出ますよ。インターネットやSNSなどで検索すると、1歳のお誕生日をお祝いする写真をたくさんチェックできます。ぜひ参考にして、イメージを膨らませてみてください。

飾るだけでおしゃれな飾り付けアイテム10選

1歳のお誕生日はおしゃれに演出したいけど、どんな風に飾り付けをしたらいいのかわからない。そんな風に悩むママやパパのために、飾るだけでおしゃれな印象になる、素敵な飾り付けアイテムをご紹介します。飾るだけで映えるアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.バルーン

出典:楽天市場

膨らませるだけで、おしゃれな誕生日を演出できるバルーン。色やデザインも豊富なので、テーマやメインカラーに合わせた飾り付けに活用できます。例えばシンプルな丸いバルーンも、繋げてアーチのようにすれば存在感も抜群。

キラキラのラメ入りや花の形をしたもの、1歳の誕生日だからこそ1の数字の形をしたバルーンなど、お気に入りのアイテムを見つけてみてください。

壁にバルーンをテープで軽く付けると浮いているように見えたり、透明な箱にバルーンを詰めてバルーンBoxを作ったりとアレンジも手軽です。

2.ガーランド

出典:楽天市場

ガーランドは、紐や糸に紙をつけた長く伸びる飾りです。壁に垂らして飾ることで、お祝い感がぐんとアップします。「Happy Birthday」と文字が書かれたものや、イラストが描かれたものなど、そのデザインはさまざまで、好みに合わせて選べるも魅力です。

最近では100円ショップでも購入できるので、手軽にお祝い気分を楽しみたい方にもおすすめ。ガーランドの位置はずらすことができるので、長く飾ったり2段にして飾ったりなど、アレンジも可能です。

3.タペストリー

出典:楽天市場

「HappyBirthday」と書かれた大きな布を、壁に貼るだけでおしゃれな印象になるタペストリー。写真を撮る際にも、壁の空間を埋めてくれるので記念に残る思い出を残せます。デザインも豊富で、シンプルな文字のみやカラフルなイラスト入りなどさまざま。

売られているものを購入して使用するだけでなく、布とサインペンで手作りするママやパパもいます。100円ショップの材料のみで作ることもできるので、名前や誕生日入りなどのオリジナルタペストリーを作ってみるのもおすすめです。

4.写真

1歳の誕生日の飾り付けには、1年間の写真を成長の記録として壁に貼るだけでも素敵な記念になります。お気に入りの写真を、フォトフレームに入れて飾るのもよいですね。

最近は、モノクロ写真を背景に飾るのがトレンドになっています。お気に入りの写真をモノクロで印刷して壁に敷き詰める、おしゃれな飾り付けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

5.ファーストシューズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

_______ 7(@_7.s_______)がシェアした投稿

1歳の誕生日ならではの飾り付けをしみたい方におすすめなのが、ファーストシューズです。これから履かせる予定のファーストシューズを、布や箱などの上に置いて、飾りに使うという方法。

誕生日パーティーのメインカラーとシューズの色を揃えば、立派な飾り付けのひとつになってくれるんです。飾り付けとして使った後は、ファーストシューズを履いて歩く姿を写真に残すのも素敵な記念になりますよ。

6.タッセル

ガーランドのように紐に付いたタッセルを、垂らして飾るのもおしゃれな雰囲気の写真が撮れるのでおすすめです。飾り付け用に市販で売られているものもありますが、タッセルはセットの中に入っているパターンが多いです。

紙や紐などを使って簡単に作ることもできるので、メインカラーに合わせたタッセルを飾りたい方は自作することも検討してみてください。糸や紐、薄紙など100円ショップで購入できる材料で作成が可能です。

7.お花やドライフラワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

よこ(@yocodaily)がシェアした投稿

お花やドライフラワーを、背景やテーブルの上に飾るだけでおしゃれな雰囲気の飾り付けになります。メインカラーと近い色の花を集めれば、映える写真撮影もできますね。ドライフラワーはシックな雰囲気になるので、アンティークなテイストのテーマにもおすすめ。

生花を買うのはハードルが高いというママやパパは、フェイクグリーンやフェイクフラワーを選んでみてください。誕生日の飾り付けに毎年使用できますし、花瓶などに入れて普段使いすることも可能です。

8.ぬいぐるみやおもちゃ

普段から使っているぬいぐるみやおもちゃも、1歳の誕生日の飾り付けに活用できますよ。テーマやメインカラーと共通点があるものなら、どんどん取り入れてみましょう。大きなぬいぐるみと毎年誕生日に写真を撮ると、子どもの成長をわかりやすく記録できます。

1歳の誕生日渡すプレゼントを、飾りとして使うのもおすすめ。ギフトボックスだけを使ったり、中身も出して横に並べてみたり、さまざまな方法で誕生日の飾りとして活用できます。

9.レターバナー

出典:楽天市場

「Happy Birthday」などの英字が表記された、木製の飾りです。筆記体で描かれているものが多く、壁に貼るだけでおしゃれな印象を演出できます。もちろん壁だけでなく、床やテーブルの上に置いて撮影するなど、さまざまな使い方ができますよ。

市販されているシンプルなデザインのものだけでなく、ハンドメイドで名前などのオリジナルレターバナーを販売している方もいます。ぜひ、お気に入りのデザインを見つけてみてくださいね。

10.飾り付けセットを活用しても◎

出典:楽天市場

自分であれこれ準備するのが大変という方や、1歳の誕生日まであまり時間がないという方は、誕生日用の飾り付けセットを購入するのもひとつの方法です。「誕生日 飾り セット」などで検索すると、豊富な種類のセットを探すことができます。

例えばバルーンやガーランド、レターバナーなどがすべてセットになっていれば、見本の通りに飾り付けるだけで誕生日の飾り付けが完了。センスに自信がないけど、せっかくの1歳の誕生日には素敵な写真を残したいという方にもおすすめです。

簡単手作りで思い出に残るファーストバースデー

1歳の誕生日の飾り付けを、自分の手で作ってみたいと考えるママやパパもいるでしょう。でも、0歳の子育てをしながら飾り付けを作るのはとても大変。あまり時間や体力に余裕のないママやパパでも、簡単に手作りできて写真映えもしやすい飾り付けを3つご紹介します。

1.クレイケーキ

紙粘土で作るフェイクケーキなので、子どもが触っても安心。写真撮影などに使いやすい、誕生日用の飾り付けアイテムです。作り方はケーキ型の土台(ケーキの型やプラダンなど)に、紙粘土をつけてケーキの形に整えるだけ。

ドライフラワーやケーキトッパーなどで飾り付けをすれば、世界にひとつだけのクレイケーキが完成します。段数やどんな飾り付けにするかなどは自由なので、撮影用にケーキを使いたい方はぜひ挑戦してみてください。

2.ペーパーファン

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝔼𝕞𝕒(@emaema__924)がシェアした投稿

封筒を重ねてのりで固定し、好きな形にカットするだけで作れるペーパーファン。簡単にたくさん作れる飾り付けなので、誕生日まで時間があまりない時にもおすすめです。封筒の色や大きさを変えれば、それぞれ違う雰囲気で作れるのもポイントのひとつ。

1歳の誕生日の飾り付けを、ナチュラルな雰囲気でまとめたい方にぴったりです。また大人っぽい雰囲気にもできるので、上の兄弟の誕生日用としても活用できますよ。

3.手形や足形

 

この投稿をInstagramで見る

 

nami(@1101nami)がシェアした投稿

子どもの手形や足形をフレームに入れて、テーブルや床の上に置くだけでも立派な手作りの飾り付けになります。テーマカラーに合わせてインクの色やフレームを選べば、全体的に統一感も演出できますよ。

生まれたての頃の手形や足形と並べて、1歳になった時の手形や足形を飾り付けるのもおしゃれ。1年間の成長を実感しながら、家族で素敵なお祝いのひと時を過ごせます。

1歳の誕生日のお祝いイベント

1歳の誕生日の準備をする際は、飾り付けだけでなくどんなパーティーをするのかも重要なポイントです。特に1歳の誕生日は、初めての誕生日としてママやパパにとっても特別感が強いですよね。1歳だからこそやりたい、誕生日が記念に残るイベントを3つご紹介します。

スマッシュケーキで盛り上がる

 

この投稿をInstagramで見る

 

hi.t__(@hi.t__)がシェアした投稿

アメリカ発祥の「スマッシュケーキ」は、1歳の赤ちゃんに自由にケーキを触らせ、崩すことで盛り上がるイベントです。顔や服がクリームだらけになったり、床や壁にケーキをこすりつけたりしても、それを広い心で受け止めるユニークなイベント。

後片付けのことを考えると少し大変そうではありますが、何と言っても写真映えするのが人気の秘密です。この時期にしか撮影できない写真なので、気になる方はぜひ挑戦してみてください。

ケーキは1歳児でも食べられるものを手作りする必要があるので、水切りヨーグルトやフルーツ、ボーロなどでオリジナルの誕生日ケーキを準備しましょう。

一升餅

一升のお餅を背負って、赤ちゃんを歩かせるイベント。一升と一生をかけていて、「一生食べるものに困らない」「一生健やかに過ごせる」などの意味合いも含まれているのだそうです。

お餅を背負って歩ければ「身を立てられる」と喜ばれ、転んでも「厄落としができた」という意味になるので、どうなってもめでたいという1歳の誕生日ならではのイベント。

一升のお餅は2kgほどの重さがあるので、立ち上がれず泣いてしまう赤ちゃんも多いですが、泣き顔の写真も、それはそれでいい思い出になりますよね。

最近では一升のお餅を準備するのが大変ということもあり、「一升米」としてお米で代用する方法も人気です。

選び取り

出典:楽天市場 

選び取りは子どもの前にアイテムを並べ、子どもが選び取ったもので将来どんな人になるのかを占うイベントです。並べるものに決まりはなく、そろばんや本、楽器やスマホなど実際に自宅にあるものを並べればOK。

またカードタイプのものを自分で作ることもできますし、最近ではおしゃれなデザインの選び取りアイテムも多く販売されています。誕生日の飾り付けとして活用することもできるので、カードタイプを選ぶのもおすすめですよ。

まとめ

1歳の誕生日は、日本古来より「1歳を迎えられたことを喜ぶお祝い」として大切にされてきました。初めてのお誕生日のお祝いを、素敵な演出で迎えたい。記念に残る写真をたくさん残したい。そんな思いを抱えるママやパパは、ぜひ飾り付けやイベントにこだわって、家族みんなで最高の誕生日をお祝いしましょう!


ライター名:yuzuko

元保育士で3人の子どもを育てるママライターです。

現在7年ぶりの赤ちゃん育児を楽しんでいます。

毎日笑って過ごせればOK!をモットーに、家族5人で仲良く暮らしてます♪


あわせて読みたい

関連リンク:子供の誕生日は手作りバースディケーキ!真似したくなる先輩ママのアイデアをチェック!

【厳選】1歳の誕生日プレゼントおすすめ5選!記念すべき最初のバースデーには何を贈る?