雨の日に自転車で移動するママにオススメのレインコート5選

道路交通法改正により、雨天での自転車にレイングッズは必須となりました。出来れば、雨の日の自転車は避けたいもの・・・。しかし、買い物や子どもの送り迎えのために、どうしても自転車に乗らないといけない日もありますよね^_^; さっと羽織って運転できるレインコートは、もはやママの必須アイテム。今回は、憂鬱な雨の日が楽しくなるようなお洒落なレインコートを5つほど紹介しますね!


自転車用 レインコート ポンチョタイプ

高い撥水力が自慢の自転車用レインコート。 高品質なPVC(ポリ塩化ビニル)素材ですので、防水効果も◎

頭から楽に着用出来るポンチョタイプで、何とママチャリの前カゴまでもしっかりカバーしてくれるんです! 買い物袋や荷物を濡らすことなく移動できるのは、嬉しいですね^-^

また、蛍光反射が背中部分に付いているので、薄暗い夕方や夜間でも安心してお出かけできます。フリーサイズでカラーは豊富な10色。 こちらの商品は、自転車の職人さんがこだわって開発されたとか。機能性抜群なイチ押し商品です!

出典:INNOVATION FACTORY247(ヤフーショッピング)

 


ママレインコート(ピジョン)

赤ちゃんを抱っこやおんぶしたまま着用出来るピジョンの3WAYレインコート。 前立て裏面には前ダッカーが内蔵しており、付け外しの手間がかからず大変便利。

また、背中のファスナーを開けば、後ろのダッカーが出てくるので、おんぶしたまま赤ちゃんを包み込むことが出来ます。 背中部には光る反射テープ付きで、夜間や夕方のお出かけも安心。生地は、もちろん撥水・防水加工が施されており、フードまで取り外し可能となっています。 便利な収納ポーチ付きも嬉しいポイント。

ママや赤ちゃんのことをしっかり考慮して作られたレインコートは、「さすがピジョン!」といった感じです^-^

出典:amazon.co.jp

 


ママ用レインポンチョ(Chou Chou Poche)

「自転車用のレインコートは機能性が大事。でも、やっぱりお洒落で可愛いレインコートがいい!」そんなママの希望を叶えてくれるレインポンチョです。

ポンチョ型ですので、コートやバッグを背負った後でもすっぽり着用することが可能。さらに、足元までファスナーとボタンが付いているので着脱がとてもスムーズです。

また、裾は嬉しい二重袖。雨が腕の中に侵入してくるのを防ぎます。袖の丈も長めなので、ハンドルカバーのようになり、手が濡れないように工夫されている点も◎

フードは大きいですが、強風雨の時はフードのツバが顔に張り付く可能性も・・・。そんな時は、中に帽子やサンバイザーを着用するといいらしいですよ! デザインも、ドットミントやリトルスター、カモフラなど11種類が用意されています。子どもとお揃いで買ったママもいるみたいですね。選ぶ楽しみも増えそうなオススメ商品です♪

出典:TSUNAGU(楽天市場)

 


レインコート ポンチョタイプ (AMARISE)

2017年4月度販売実績で、amazonの【レインコート・ポンチョの売れ筋ランキング】第1位を獲得した大人気商品。耐水性&耐摩耗性に優れたナイロン素材を採用したシンプルなポンチョ型レインコートです。

袖には適度な重さを持たせることで、風が強い時でも捲り上がるのを防止。さらに、襟元、袖部分は二重構造になっていて、風や雨の浸入を防ぎます。

レインコートって時間が経つと蒸れませんか^_^;。 こちらの商品は、そんな悩みにもしっかり対応。背中部分に空気孔を2箇所作り、コート内の蒸れや熱気を外に放出してくれます。 素晴らしい!大きめのバイザーも視界が良好に保てると好評です。

男女兼用のフリーサイズ。カラーは、選べる7色。

出典:amazon.co.jp

 


レインポンチョ(JACK PORT)

「ちょっと大人な感じ」や「可愛らしい女の子」を演出してくれるジャックポートのレインポンチョは、バリエーションが何と24柄!お洒落大好きママに大変オススメの商品です。

撥水加工、フードの機能はもちろんあります。ジップアップで、さっと着用出来るのもいいですね。 前着丈およそ95cm、後着丈およそ105cm、身幅およそ150cmのフリーサイズ。

天気や気分に合わせて、雨の日もお洒落にコーディネートしてはいかがですか^-^

出典:amazon.co.jp