秋に生まれた赤ちゃんの服装。冷えや暑さ対策は?購入するポイントは?

暑い夏が過ぎると、過ごしやすい秋がやってきます。しかし、秋は朝夕の寒暖差が意外と激しいもの。生まれて間もない赤ちゃんの場合、服装での体温調整が重要になってきます。赤ちゃんは、自分で「暑い。寒い。」の主張が出来ません。ママが赤ちゃんの様子や機嫌をよく観察して、快適に過ごせるように工夫してあげましょう。今回は、秋に生まれた赤ちゃんの服装についての注意点やポイントまとめてみました。


秋生まれの赤ちゃんの服装のポイント

秋は、夏の暑さから冬の寒さへと移行するタイミング。
秋生まれの赤ちゃんは、気温の高低差の影響を受けやすい環境にいます。

赤ちゃんは、体温調節機能がとても未熟。そのため、体温調節がしやすいアイテムを揃えてあげたいですね。

ただし、暑かったのに急に寒くなってくると、風邪をひかせまいと赤ちゃんに厚着をさせてしまうようなママ、いませんか^_^;

赤ちゃんの平熱は36~37.5℃と、大人よりやや高め。大人と同じ感覚で服を着せてしまうと、あせもなどの肌トラブルや風邪をひかせてしまう原因になります。

赤ちゃんに着せる服の枚数の目安は、「大人よりマイナス1枚」ということを覚えておきましょう。


秋の赤ちゃんの服装オススメコーディネート

ベビー服の組み合わせは「短肌着+ツーウェイオール」または「短肌着+コンビ肌着」が基本です。

秋に室内で過ごす場合、まだ赤ちゃんの足の動きが少ない時期は「コンビ肌着+長肌着+ドレスオール」、足の動きが活発になってくる時期は「コンビ肌着+ツーウェイオール」に調整としてベストなどを用意すると良いでしょう。

また、秋のお出かけ時には、「コンビ肌着+ドレスオール」といった組み合わせに、おくるみ・帽子・靴下といったアイテムを持参するといいですね。

秋は夕方になると、急に冷えこむことも多いです。日中と夕方の気温差を考慮し、冬に向けて、防寒グッズを少しずつ用意しておくと便利ですよ^-^


秋生まれの赤ちゃんにオススメのアイテム

秋は一日の気温差が激しく、日によっては急に冷え込むことも。赤ちゃんが生まれた後からどんどん寒くなっていきます。最初から一気に用意する必要はありませんが、防寒用のベビー服やアイテムは少しずつ揃えていきましょう。

ベスト・カーディガン

上から簡単に羽織ることが出来るベストやカーディガンは大変便利です。ベースは基本の服の組み合わせ。厚着させ過ぎに気をつけてあげましょう。

出典:Twitter

ポンチョ

厚手生地のものやフリースなど暖かい素材でできているものがオススメ。可愛いデザインのものがたくさん販売されていますので、選ぶのも楽しいですよ♪
赤ちゃんと外出出来るようになる頃は冬。あらかじめ1枚用意しておくと安心ですね。

出典:Instagram

靴下

室内は基本的には裸足で大丈夫ですが、寒い日のお出かけには靴下を履かせてあげましょう。
生後0~3ヶ月なら、サイズは7~8センチが目安となります。

出典:Instagram

 

帽子

赤ちゃんの防寒対策としてお出かけに欠かせないのが、ベビー用ニット帽。耳あてやマフラーなしでも間に合う、耳や首まですっぽり覆えるタイプのニット帽がオススメです。

帽子ゲット #かわいい #クマさん #初めての帽子

A post shared by Yukiyo Sakashita (@snowy0125) on

出典:Instagram

 

ブランケット

冷え込む時期のお出かけには、毛布のような厚手のブランケットを持参しましょう。ベビーカーを使用するのであれば、ホールド力のあるベビーカー用クリップも準備しておいて下さい。

出典:Twitter

 

フットマフ

寒くなってくる季節のベビーカーでのお出かけに欠かせないのがフットマフ。足元から赤ちゃんを包み、冷たい風や寒さから赤ちゃんを守ってくれます。

出典:Instagram

この記事が気に入ったら「いいね!」してね