「義母の長電話を角を立てずに終える方法」。子育てあるあるマンガ「嫁姑」篇

今も昔も多くのママたちを悩ませるのが姑との関係。最近では、離れた地域に暮らす義母にLINEのテレビ電話で孫の顔を見せているご家庭も多いのではないでしょうか?でも、この電話もママにとってはストレスの種。お姑さんって話し出すと止まらないし、気がついたらお説教になっていることも。 漫画家の赤星ポテ子さんが、この悩みの解決に、義母にとっては可愛くてしょうがない孫を利用。バァバァが誕生日の夜、お祝いの電話をしたポテ子さんが、電話を切るためにとった手段とは!?

義母の長電話を角を立てずに終える方法

ちょっと、そこの奥さん。義母との関係は良好ですか?

お義母さんの電話が長くてどう切り上げていいかわからず困っている奥さんは、日本に何十万人といらっしゃるのではないでしょうか?

私もその被害者悩んでいるうちの一人でした。

そんな被害者悩んでいる人を一人でも救いたい!そこで今日は私が独自にあみだした、「角を立てずに姑の電話を切る」方法を伝授しちゃいます。

産前:一度スイッチがはいると話が止まらなくて…

結婚当初から姑の電話は切りにくかった

うちのお義母さんは本当に電話が長いです…。

なるべく用件はメールですまして欲しいのですが、高齢のため機械音痴。メールより電話の方がやりやすいそうです。

私が在宅仕事ということもあり、新婚当初は仕事中にメール感覚で気軽に電話が頻繁にかかってきました。おかげで携帯代が3万円近くいったこともありました( ノД`)シクシク…

一度スイッチがはいると、一人でずっとしゃべる方なので、どこで息づぎしているのかは今だ不明です。(エラ呼吸でもしているのかな…?)


産後:何をやっても許される可愛い孫を利用して…

子どもができると姑と長電話をする時間は皆無

日中は仕事をしているし、夜は夜で子供のお世話で大忙し。働くママには長電話する時間はあえりません!

高額な電話代になってからは、なるべくメールでやり取りするようにしていましたが、それでも長電話の罠にはまってしまうことは多々ありました。

孫は何をやっても許される「かわいい存在」

息子が1歳ごろになるとスマホに興味を持つようになり、スマホを見る度に触りたがるようになりました。

これを利用しない手はない…ニヤリ。

嫁さんが「長電話やめてください」と直接言うと角が立ってしまいます。

…が!

長電話に待ちくたびれた息子が、スマホをいじって切ってしまう。これなら悪く思うおばあちゃんはいないでしょう!

今では姑の電話が長くなると、「あっタクゾー、ママお話し中よ♪」と言いながらスマホを触らせるようにしています。母の危機を察するのか、いつも勝手に切ってくれます。

演技力が問われる業ですが、姑の長電話でお悩み中の奥さんは是非お試しあ~れ💛


最後に

赤星家の嫁姑問題について、赤裸々に描かせていただきましたが、ネタを自由に描かせてもらえるのも姑の理解があってこそ。

懐の深いお義母さまに感謝★


「夫婦関係」の変化を描いた人気マンガはこちら!

産前産後ビフォー・アフター「夫婦関係」編。産後に起こる夫との関係の変化と葛藤を描いたマンガ

 


マンガ・テキスト:赤星ポテ子さん

広告制作会社・IT業界を経て、不妊治療を機にフリーランスのイラストレーターに。コミックエッセイを中心にCM制作、コラム連載など幅広く活動。自身の不妊治療・妊娠・出産の経験を描いた著書「ベビ待ちバイブル」「マンガ解説 よくわかる! 妊娠と出産」も出版。

ホームページやSNSで子育て絵日記や体験談も随時公開中!

体験取材マンガ家赤星ポテ子ホームページFacebookInstagramTwitter

この記事が気に入ったら「いいね!」してね