2018年最新!妊婦さんにおすすめのおしゃれなマタニティワンピース5選

寒さはだいぶ落ち着きましたが、やはりまだ冬を感じる今日この頃・・・。そんな中、デパートでは春の新作も多く目にする季節となりましたね。妊婦ママさん方も春を楽しみましょう!2018年春の新作マタニティワンピを着て、旦那様とデートしませんか?


こういうマタニティワンピは買いですよ!

最近はかわいい妊婦服が多く販売されていますね。そんな中で、やっぱりマタニティワンピは楽チンでママにも赤ちゃんにも優しいです。デザインだけにこだわらず、以下3ポイントも考慮してみてはいかがでしょうか?

やっぱり授乳期まで使えるもの

妊娠中だけ使って終わり!になるよりも、やっぱり授乳口がついている服だとよりお得です。授乳口がついていると、外出先の授乳がとても楽になります。最近の妊婦服は授乳期まで使える物も増えているので、デザインと同じくらいこだわってみてはいががでしょうか?

素材にこだわっているもの

妊娠中は体が敏感になりやすいです。素材が上質なオーガニックコットンやメイドインジャパンにこだわると、心も体もストレスフリーな妊娠生活が送れると思います。
また、4月に入ると日中は暑く感じる日も多くなります。妊婦さんはホルモンバランスの変化により体温が上がってしまうので、なおさら暑く感じてしまいます。ポリエステルよりも綿やガーゼなどの素材にするのも良いですよ。

着まわしが出来るもの

ワンピースはあまり着まわしが出来ないと思っていませんか?実は工夫次第でワンパターンにならず、オシャレに着こなす事ができます。リバーシブルや前後逆にして着る事が出来るデザインのものもあります。またシャツワンピに飽きたら、ボタンを外し羽織ものとして使えば温度調節が出来ます。


普段使いからお仕事やフォーマルなシーンなど、5点をご紹介

春らしさいっぱいなだけでなく、実用的なマタニティワンピをピックアップしました。

①たまひよ LOVE MIC 「【防汚加工】授乳口つきブラウス×スリットスカートワンピース」

お仕事にもちょっとしたお出かけにもピッタリな上品ワンピース。トップスの裾を出せばゆったりと着られ、違った印象になります。スカートは程よいスリットが入っていて、動きやすいです。また防汚加工が施されており、サッと拭き取れるので安心です。産後のおっぱいの吐き戻しにも慌てずに済みますよ。

出典:エンジェリーベ(楽天市場)

②エンジェリーべ (a.i.n)「【授乳しやすい】デシンドットプリント前後2WAYミディ丈ワンピース」

カシュクールで上品なドット柄がエレガントな一着。程よい甘さが印象的です。また前後逆にして着ることが可能で、着方を楽しめるワンピースです。後ろを前にすると、ラウンドネックになり、その日の気分によってファッションを楽しむ事が出来るお得な1枚といえます。

出典:エンジェリーベ(楽天市場)

③チョコア(CHOCOA) 「チェックワンピース マタニティ」

長めの五分袖で気になる二の腕をしっかりカバー。裾は大きめのフリルがついていてとても可愛らしいデザイン!バッグの丈が長くなっているのでスタイルアップ効果も期待できますね。素材は綿100%なので暑い日もさらりと着ることができます。色は黒とネイビーの2色。

出典:amazon.co.jp

④Milk tea「授乳服・マタニティ ボーダーT&フレアージャンスカセットアップ」

ボーダーTシャツとジャンパースカートのセットでとてもお得です。着まわししやすく、ジャンスカは年間通して使うことができます。
トップスのボーダーTシャツには授乳口が無いので、めくり上げてワンピースのサイドから授乳する形になります。Tシャツは卒乳後には部屋着に使えるかもしれませんね。

出典:Milk tea(楽天市場)

⑤SWEET MOMMY 「授乳服マタニティウェア 素肌に優しいオーガニックコットン100%ニット ストールマフラー付 ニットワンピ」

オーガニックコットンを100パーセント使用した良質な1枚。チクチクせず肌に優しく、ふんわりゆるめで大人女子にピッタリです。T字型ストールは肩掛け、腰巻きなど自分好みの着こなしが出来ます。春とはいえ、夜などはまだまだ寒さが残るこの時期には使える1枚です。

出典:SWEET MOMMY(楽天市場)


マタニティワンピ、実は良いこといっぱい!お試しあれ。

「妊婦服はもったいない」と感じる方も多くいらっしゃるかと思いますが、妊婦服は妊婦さんの体の構造に合わせて作られています。ですから、着心地の良さは抜群です。それにワンピースだと、コーディネートもとっても楽チン!また経産婦となると、お腹が大きくなるのが早いと感じる妊婦さんが多いと言われています。2人以上の出産を考えているなら、購入を考えてみてはいいががでしょうか?

 

 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」してね