アップリカの A型・B型ベビーカーの特徴や違いを比較!

ベビーカーの人気メーカー「アップリカ」は、日本のメーカーなだけあって、衝撃吸収などの安全性や赤ちゃんの乗り心地、ママの押しやすさなどに細やかな気配りがあるのが特徴です。そんなアップリカには、機能面やデザインなどの違いからA型もB型もいくつもの種類のベビーカーがあります。その中でも人気のベビーカーの特徴や違いをまとめてみました。


両対面式で快適な乗り心地のA型ベビーカー 「オプティア」

オプティアの特徴

  • サスペンションで振動を40%も軽減。乗り心地快適
  • ワンタッチ開閉式
  • キャリートラベルシステム採用
  • 生後1ヶ月の赤ちゃんから使える!

赤ちゃんの乗り心地や快適さを1番に選ぶなら、多機能な両対面タイプのAB兼用型のベビーカーオプティアがオススメです。

キャスターとシートのサスペンションで振動を40%も軽減し、ムレにくく赤ちゃんが快適にお出かけできます。また、フードで紫外線やホコリ、花粉などの刺激もガードできるなど、赤ちゃんが快適に過ごせるようになっています。オート4輪で押しやすく、ワンタッチ開閉ができ、自立しますので片手が塞がっていても平気なのも嬉しいポイントです。

このオプティアには旧モデルと新モデルのAB、更に機能が充実しているプレミアムがあります。どちらも、抱っこ紐ごと安全に載せ替えることができるキャリートラベルシステムを採用。赤ちゃんの安全性とママの負担が軽くなっているのが特徴です。ABとプレミアムとの違いは赤ちゃんの成長に合わせて姿勢をサポートする造りがあるかということ。赤ちゃんの安全面や乗り心地の快適さにこだわりがあるベビーカーとなっています。

出典:アップリカ公式HP


機能性も軽さも兼ね備えたA型ベビーカー「ラクーナ」

ラクーナの特徴

  • A型ベビーカーなのに重量約5キロの軽量
  • ワンタッチ開閉式
  • キャリートラベルシステム採用
  • コラボモデルも充実

最近では、AB兼用型のベビーカーでもB型ベビーカーのように比較的軽くコンパクトに畳めるベビーカーが増えてきました。その代表とも言えるベビーカーがラクーナです。軽くてコンパクトになるベビーカーは、途中で「B型ベビーカーに買い替えなきゃ」とならないのは嬉しいですね。ラクーナは1ヶ月から3歳まで使えますので、ベビーカーを卒業するまで1台で済ませられそうですね。

「オプティア」と同じように、オート4輪やワンタッチ開閉ができる両対面式のベビーカーで、キャリートラベルシステムを採用していますので抱っこ紐からベビーカーへの載せ替えも安心です。オプティアとの1番の違いは軽さにあります。オプティアは6.8kgほどでラクーナは約5キロ(モデルにより異なります)。どちらかというとママが楽なベビーカーですので、アクティブなママにおすすめですよ。

そんなラクーナには、ADやデュアル、ライトやビッテ、コンフォートなど色々な種類があります。

ADはラクーナの新型。マルチショックレス構造で赤ちゃんを衝撃から守ることができます。ラクーナの機能に、対面でも背面でも簡単にたためるデュアル機能を搭載したのがデュアルです。狭い場所でももたつかずに折りたたむことができますのでバスや電車を多く使う方には便利そう。
ライトは、4.9kgとシリーズ最軽量のベビーカーで、他のメーカーのB型ベビーカーと遜色ないほどの軽さとなっています。ビッテは折りたたむとクラス最小のコンパクトさ。階段などで折りたたむことが多い場合は、これらのシリーズがいいかもしれませんね。
コンフォートはゆったりと心地よく過ごすことができる広さを確保したベビーカーです。ちょっと大きめだったりよく動く赤ちゃんによさそうですね。

「ラクーナがいいかも」と思っている方は、企業やキャラクターとコラボしているものもありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?


出典:アップリカ公式HP

操作性が高い3輪ベビーカー 「スムーヴ」

スムーヴの特徴

  • 人気の三輪ベビーカーで操作性抜群
  • 赤ちゃんを地面の熱やホコリから守るハイシート
  • 生後1ヶ月の赤ちゃんから使える!
  • 空気入れ不要・パンクもしないタイヤを採用

最近話題になっている3輪ベビーカーは、アップリカにもあります。それがスムーヴです。生後1ヵ月から乗せられるA型ベビーカーとして販売されています。3輪ベビーカーの売りは操作性の良さ。細くて小回りも効き、スタイリッシュなデザインに心を掴まれているという人も多いです。

スムーヴはタイヤが大きく、振動をキャッチしてくれるエアタイヤを使用しています。このタイヤは、空気入れが不要でパンクもしないタイヤとなっており、「おでかけ中にパンク」といったトラブルとは無縁です。

また、スムーヴには急に止まりたいときに便利なブレーキがついていたり丸みがあるフードで紫外線対策もばっちりなど、機能面が充実しているのも特徴です。

スムーヴにはABやAC、プレミアムがあります。ABの改良版がACで、赤ちゃんの快適さを守る作りが強化されています。プレミアムは、さらに折り畳みがコンパクトになったりロック機能がついているなど、ベビーカーを使っていないときにも満足できる造りになっています。ママの持ち手部分がレザー調になっているなど、高級感もありますよ。


出典:アップリカ公式HP

アップリカの軽くてスリムなB型ベビーカー「マジカルエアー」

マジカルエアーの特徴

  • B型ベビーカーだけど機能性はA型に匹敵
  • 赤ちゃんを地面の熱やホコリから守るハイシート
  • 持ち運びや移動に便利な重さ3kg
  • B型ベビーカーなので、他モデルより安い

 

アップリカのB型ベビーカーと言えば、マジカルエアーというママも多いと思います。マルチショックレス構造で振動から守るという、アップリカのA型ベビーカーならではの機能がそのままついたB型ベビーカーです。

しかも、B型ベビーカーだけあってたった3kg(マジカルエアーADの場合)と軽量で片手で持ち運びができるほど軽いのが魅力的です。スリムに自立したり転がしながら持ち運びができるというのもいいですね。お出かけが楽しくなりそうなデザインも素敵です。

マジカルエアーもADやプラスACという種類があります。プラスACは、ADよりも0.5kgと重いですが、タイヤがワイドで押しやすく、サンシェードやWサーモメディカルシステムやメッシュシートで熱から守ってくれますので、赤ちゃんはB型ベビーカーでも快適に過ごすことができます。


出典 アップリカ公式HP