レッグウォーマーは新生児から使える赤ちゃん冷え対策、防寒ウエア!

体温調節が苦手な赤ちゃんの秋冬には防寒が不可欠です。そんな防寒に役立つのがレッグウォーマーです。レッグウォーマーは着脱しやすいため特におむつ替えが多くセパレートのお着替えが難しい新生児~腰すわりくらいまでの赤ちゃんにおすすめの防寒具です。今回は赤ちゃんのレッグウォーマーの中から人気のかわいいアイテムを5つピックアップしてみました。素敵なレッグウォーマーを選んで、はじめての秋冬をオシャレ&元気に過ごしましょう♪


レッグウォーマーはいつ使う?

大人と同じように、赤ちゃんも足元から冷えてしまうことがあります。そのため足元の防寒はとても大事。特に、赤ちゃんは体温調整が苦手ですから、大人がこまめに様子を診てあげなければなりません。

そんな「ちょっと肌寒くなってきたかな」という時期になったらぜひとも購入したいのがレッグウォーマーです。レッグウォーマーはそんな防寒目的以外にも、ハイハイ赤ちゃんのサポーターとしても活躍しますし、夏の紫外線予防虫除けにも使うことができます。

つまり、赤ちゃんのレッグウォーマーは1年中活躍するアイテムなのです。ただし、防寒目的のものは厚手のものが多いので、オールシーズン使いたいという場合は厚さやデザインを調整してあげるようにしましょう。

そんなレッグウォーマーは、毎年かわいいデザインのものがリリースされる、注目のオシャレ用品でもあります。今回はそのレッグウォーマーの中から人気の商品を5つご紹介したいと思います!


「のびのびレッグウォーマー」(無印良品)は成長に合わせて長く使える!

2017年の無印良品の新商品に、雪の結晶の柄がかわいい、モコモコの『のびのびレッグウォーマー』が登場です。伸縮性が良い優しい素材ですので、1年だけでなく長く使えるのが嬉しいですね。お名前欄もありますので、お出かけの時に脱がして行方がわからなくなってしまったり間違えられてしまうことも防ぐことができます。

出典:無印良品


赤ちゃんを優しく保温「オーガニック100%のベビーレッグウォーマー」(ベルメゾン)

お肌がデリケートな新生児~1歳くらいまでの赤ちゃんには、コットン100%のアイテムがおすすめです。そんなコットン100%の商品の中でも特にお肌に優しいオーガニックコットンを使ったレッグウォーマーがこちらです。シンプルなワントーンなレッグウォーマーは使いやすいですし、ざっくりと編まれていますので赤ちゃんのムッチリな太ももも圧迫されにくくて安心ですよ。

出典:ベルメゾン


「耳が飛び出している動物のレッグウォーマー」(コムサイズム)

コムサイズムで大ヒットしている赤ちゃん用品が、こちらのレッグウォーマーです。履くと、トラやウサギ、クマの耳がピョコっと出てくるのがとてもキュートです。50~80cmと長めなので、伸ばしてタイツのようにするのもルーズソックスのようにくしゅっとして履かせるのもかわいいですよ。伸縮性も◎な商品です。

出典:FIVE FOXes


「くまちゃんフェイスレッグウォーマー」(コンビミニ)膝が動物のお顔に!

動物モチーフのかわいいレッグウォーマーを探しているなら、コンビミニのレッグウォーマーもかわいいです。クマのお顔部分がちょうど赤ちゃんのおひざの部分にきて、ハイハイの時にもおひざを傷から守ってくれます。2~3歳くらいのお姉さんならブーツと合わせるとクマのお顔がピョコっとブーツから出てきてたまらなくキュートです♪

出典:コンビミニ


サラッとしてかぶれにくい「星柄&ボーダー柄レッグウォーマー」(ダブルビー)

ダブルビーは、ミキハウスのブランド。コットン由来でサラッとしていて赤ちゃんのお肌もかぶれにくいです。また厚すぎない素材ですのでオールシーズン使うことができますよ。
シンプルなレッグウォーマーはコーディネートに合わせやすくて便利ですが、無地のパンツなどシンプルなお洋服が多いのなら反対にポップなカラーでアクセントにしてみるとオシャレですよ。

出典:ミキハウス


レッグウォーマーはいつからいつまで使うもの?

赤ちゃんのレッグウォーマーはキュートなものがたくさん。でも、こういったレッグウォーマーはいつからいつまで使うことができるのでしょうか?

レッグウォーマーには年齢制限などもなく、新生児から使えます。特に簡単に着脱できますので、新生児の防寒に重宝すること間違いなしのアイテムだと言えます。

新生児のうちから使えるサイズのものは、大体2~3歳まで使うことができます。「太ももにゴムのあとがつく」などサイズが小さくなってきたサインがあれば、ゆったりとしたものや大きめのサイズに変えてあげるようにしましょう。

ただし、つかまり歩きや一人歩きをするようになると、セパレートの洋服を着るようになり、それに合わせてタイツやレギンスを履くようにもなります。そうなるとレッグウォーマーを使わなくなるという子も多くなりますので、子供の様子を見ながら卒業させてあげると良いですよ。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね