かわいい上にお菓子の持ち運びにも便利!おすすめのスナックケース5選

スナックケースはお菓子を入れて持ち運ぶことができる便利アイテム。お出かけの時に重宝するスナックケースですが、子どものおやつをこぼさないようにしたり早食いを防止したりといった目的で普段から自宅で使っているという家庭も少なくありません。そんなスナックケースは、せっかくならかわいく実用性の高いものを選びたいですよね。そこで、今回はおすすめのスナックケースを集めてみました!

スナックケースとは

スナックケースは、お菓子を入れて蓋を閉められるようになっているお弁当箱サイズのケースのこと。ケースと二の間にはやわらかく曲げられる切れ目が入った中蓋がついているのが特徴です。

この中蓋はかなり”頭の良い”アイディアで、つけたままお菓子を取り出そうとするとたくさんの量を1度に取り出すことができず、早食いを予防したりお菓子がこぼれるのを防いだりといった効果が期待できます。

そんなスナックケースはボーロのサイズのお菓子を入れるのにピッタリ。そのため”ボーロカップ(ケース)”などとも呼ばれています。

また、スナックケースは蓋をして持ち運ぶこともできるため外出中に便利で、「お出かけの時に必ず持っていく」というママも少なくありません。

スナックケースを手にしていれば良い子にお菓子をチマチマと食べていることが多く、「ここでは静かにして」という時に便利ですよ。

しかも、そんなスナックケースを抱え込んで一生懸命食べる姿がたまらなくキュートだったりもします。

スナックケース自体子どもでも持ちやすいように設計されていますので、中蓋や蓋を取ってスープカップやお皿としても使うとご飯の時も簡単そうですよ。

スナックケースのおすすめ5選

スナックケースをせっかく購入するなら、使い勝手が良いかわいいものを選びたいですよね。そこで、おすすめのスナックケースを5つ選んでみました!

スキップホップ ズー スナックカップ

出典:楽天市場

こちらのスナックケースはポップでかわいい動物のデザインが人気のアメリカのブランド”スキップホップ”の商品。

コロンと丸いケースに小さな手でも持ちやすいハンドルがついています。

カップは透明なので、中身が入っているのかどうかもひと目でわかりますよ。食洗器も使え、お手入れも楽々です。お値段は税込1080円~。

リッチェル Richell こぼれないボーロカップ

出典:Amazon.co.jp

シンプルなスナックケースで人気なのが、リッチェルのスナックケース。

中蓋の取り出し口は比較的柔らかめなので、1歳くらいの子どもでも1人で取り出すことができます。両手でハンドルが持てるので、両手で抱えてフリフリしてくれるかも♪

こちらのカップも半透明で中身が分かりやすくなっています。お値段が493円~と手頃なのも嬉しいですね。

レック アンパンマン おやつカップ (ダイカット)

出典:Amazon.co.jp

こちらはアンパンマンのスナックカップ。こういった子どもの身のまわりのものは、子どもが大好きなキャラクターを使ってあげるとより喜んでもらえるかもしれませんよ。

中蓋は1歳未満の子どもでも中のお菓子を取ることができるくらい柔らかいです。リュックの中でもかさばらなさそうな形状も魅力ですね。

「日本製で安心」といって購入している人も多いですよ。お値段は税込596円。

錦化成ミニーマウス スナックカップ(おやつケース)

出典:楽天市場

「とにかく、かわいさ重視!」というママにおすすめなのが、旭化成のスナックカップ。ミッキーやミニーの耳(とリボン)がついた蓋はインスタ映えもするアイテムですね。

ディズニー好きなら特におすすめですよ。ただ、移動時には耳部分が邪魔になってしまうかも…?自宅で主に使うという方向けかもしれませんね。価格は税込598円~。

SKATER プラレール たためるおやつボウル DSN1

出典:Amazon.co.jp

スナックケースは食べる時にはそこそこ大きい方がたくさん入って良いですが、出先だと持ち帰るときにかさばってしまうのが気になることも…。

そんな時には、スケーターのたためるおやつボウルがおすすめです。おやつを入れる時にはボウルのような丸みのある形になり、折りたたむと半分くらいの厚みになります。

こちらの蓋はプラレールですが、NHK「いないいないばあっ」のわんわんやうーたんになっているもの等も人気ですよ。お値段は税込1,274円~。

100円ショップにもスナックケースが!?

おすすめのスナックケースはいかがでしたか?ここではamazonや楽天を中心にご紹介しましたが、実はスナックケースはダイソーなどの100円ショップにも売られています。

ただ、中蓋が固いなどのレビューも多いので2,3歳くらいになるまではうまく使えないかもしれません。

100円ショップのスナックケースは子どもが成長してから使い分けているというママもいました。

取り出し口が固めで食べづらいので早食い防止になって良いみたいですよ。

引用:Twitter

子どもが大きくなるとあっという間にお菓子を食べ切っちゃいますから、参考にしたいですね。

友だち追加

この記事が気に入ったら「いいね!」してね