妊娠中の飛行機はいつからいつまで乗って平気?里帰り出産のママは必見!

里帰り出産を希望されている妊婦さんも多いのではないでしょうか。すでに子どもがいるママは上の子どものお世話を気兼ねなく自分の親に頼めるのは魅力的ですよね。遠方の方の場合気になるのが、「飛行機に乗っても大丈夫?」ということ。妊娠中の飛行機には乗っても良いのでしょうか。また、その場合はいつからいつまで乗ることができるのでしょうか。注意点も含めて確認しておきましょう。


妊娠中、飛行機に乗っても大丈夫?

妊娠中は、そもそも飛行機に乗っても大丈夫なのでしょうか。答えはYES。妊婦さんも赤ちゃんも健康な場合は、時期を選べば快適に飛行機を利用することができるといわれています。飛行機を使用する前の妊婦健診などで、里帰りに飛行機を使える状態なのか、医師に相談しておきましょう。


妊婦さんが飛行機に乗れる時期は?

妊娠5ヵ月〜7ヵ月頃の安定期は、妊婦さんが比較的飛行機を利用しやすい時期。できればこの時期に里帰りをするようにしましょう。

妊娠初期は酷い悪阻に悩まされているお母さんも少なくありません。悪阻は乗り物酔いで余計辛くなってしまうこともあります。また、離着陸時の揺れや気圧の変化でお腹が圧迫されてしまい、痛みを感じてしまったり出血したりする可能性があるようです。安定期に入るまではなるべく待つようにしましょう。

妊娠後期には貧血になりやすく、飛行機に乗るのが辛く感じてしまう方もいるようです。中には「妊娠後期以降だけど緊急で里帰り出産になってしまった」という方もいると思います。そこで、国内線の航空会社各社が「いつまで」「どのような条件で」利用することができるのか、次でお話していきます。


航空会社によって乗れる時期や条件も違う!

国内線の航空会社各社が「いつまで」「どのような条件で」乗ることができるか、ホームページの記載を調査してみました。

ANA

  • 出産予定日を含め28日以内:診断書(フライト予定日の7日以内に発行されたもの)の携帯
  • 出産予定日を含め7日以内:診断書の携帯と医師の同伴

出典:ANA 妊娠中のお客様[国内線]

JAL

  • 妊娠36週目以降は事前に航空会社に連絡し、手続きを行う。
  • 出産予定日を含め28日以内:診断書(フライト予定日の7日以内に発行されたもの)の携帯
  • 出産予定日を含め14日以内:診断書の携帯と産科医の同伴

出典:JAL 快適な空の旅のために

Jetstar

  • 妊娠36週目以降:診断書(フライト予定日の10日以内に発行されたもの)の携帯
  • 4時間以上のフライトは妊娠36週まで登場可能(多胎妊娠は32週)
  • 4時間以内のフライトは妊娠40週までが搭乗可能(多胎妊娠は36週)

出典:Jetstar 妊娠中/新生児を連れてのご搭乗について

SKYMARK

  • 出産予定日を含め28日以内:診断書(フライト予定日の7日以内に発行されたもの)の携帯
  • 出産予定日を含め7日以内:診断書の携帯と医師または助産師(医師からの承認の記載がある者)の同行

出典:SKYMARK AIRLINES お客様へのお知らせ

搭乗日当日には診断書の原本を持ち、フライトの1時間前には手続きができるようにしておきましょう。航空会社によっては同意書をその場で書くこともあるようです。

また、多胎妊娠や妊娠合併症、早産の経験があるという場合には、搭乗できる期間や診断書を提出しなければならない期間も変わってきます。不安な時には、航空会社に問い合わせてみるようにしましょう。