ママが子供と実際に遊んで選んだ、子供と行きたい東京都内の児童公園BEST3

無料で遊べる児童公園。区によって特徴があるのをご存知ですか?近所の公園にはよく行くけど、他の区や市の公園には行ったことがないわ…という方がほとんどなのでは?それではもったいない!休日、パパも一緒に少し足を延ばしていつもと違う児童公園にお出かけしてみてはいかがでしょうか?こんな遊具があるの?!と大人も小さかったあの頃を思い出しワクワクしてきちゃいますよ。今回は、実際に子供と遊びに行った中からおすすめの児童公園を体験談付きでご紹介!

遊具の充実さなら「落合公園」。中規模ながら一度は遊んで欲しい!

出典:新宿区ホームページ

<おすすめポイント>

  • ターザンロープ
  • 幅の広い滑り台
  • アスレチックな遊具の数々
  • ネットに囲われた球技エリア
  • ドッグラン
  • アクセスの悪さ

広すぎず、狭すぎず。それでいて遊具の充実さが光る「落合公園」。カラフルな遊具がまず目に飛び込み、子どもでなくとも、わー!楽しそう!と声が漏れちゃいます。

<幅広滑り台>

幅広のコンクリートでできた滑り台。子ども同士、気をつけながら滑ったり登ったりのエンドレス…。滑ってくるお友達がいるから逆に登っちゃダメ!なんて注意はここではナンセンス。幅が広いんだから、気を付けながら思う存分上りなさい!上の子が滑るのか?滑らないのか?その場の空気を読むのも勉強です。

<ターザンロープ>

裏手には落合公園の目玉、ターザンロープが二本!!すぐ終わってしまうタイプのターザンロープじゃないですよ。結構距離があります!有料の公園でも長蛇の列ができやすいターザンロープですが、こちらは無料でそんなに並ぶことなく何度でも飽きるまでターザンごっこが可能!

大人もやってみましたが、自分の握力の低下にギャフン!大人も子供も気を付けて遊んでくださいね。

<アスレチックな遊具の数々>

 

  • ゆらゆらボール渡り
  • ぶにゃふにゃ平均台
  • 回転遊具
  • クライミングウォール(斜面型・垂直型)
  • コンビネーション遊具

ローラー滑り台にゆらゆらボール渡り、コンビネーション遊具と運動量が多い子供にとってはチャレンジ精神を掻き立てられること間違いなし。次はこれ!今度はこっち!と夢中になってすべての遊具を試していきます。

子供って壁登るのが好きですよね。クライミングウォールが充実しているのも落合公園の特徴。垂直型は落ちてもダメージが少ない高さ。でも小さい子は大人が目を離さないでくださいね。

出典:Twitter

<ネットに囲われた球技エリア>

球技エリアがネットで囲われていることも、小さい子連れには嬉しいところ。大きいお兄さんが遊んでいるボールが当たるー!という心配をしなくていいのは親にとってストレスの軽減になりますね。

<ドッグラン>

区立公園としては珍しく約700㎡もある広いドッグランもあり、ワンちゃんと一緒にお出かけするのにも最適!ワンちゃんだけお留守番ね。そんな休日にはさせません。

<アクセスの悪さ>

こんなにも素敵な公園なのに、知名度がイマイチなのはアクセスの悪さからでしょう。西武新宿線沿い上高田駅と中井駅の間にあり、電車でいくとどちらの駅からも歩きます。しかし!そのアクセスの悪さがこの公園の最大の魅力!地元の人達が集う憩いの場所なので程よい人数の人が公園の賑わいを生み出しています。

落合公園住所

東京都新宿区中井1-14


地形を有効活用している「中根公園」。絶叫ロング滑り台に子供は大はしゃぎ!

<おすすめポイント>

  • ロング滑り台
  • 地形を生かした公園の作り
  • タイヤのブランコ
  • 水遊び場

東急東横線都立大学駅から徒歩10分程度の場所にある目黒区の「中根公園」。オシャレな街、自由が丘からも徒歩20分で到着。こんな都心にこんな滑り台が?!と驚くこと間違いなしのインパクト大な滑り台のある公園です。

<ロング滑り台>

公園の東側にその滑り台は現れます。下から見上げるその姿はまさに圧巻!地形をうまく利用したロング滑り台!なかなかの高さから子どもたちが次々と滑り下りてきます。

こんな高さから滑って大丈夫?と心配になるかもしれませんが、中腹には平坦な部分もあるのでスピードが軽減されます。とはいってもいつもの滑り台よりもスピードがでるのは確か。最初はあまりの高さに、子供は尻込みをするかもしれませんが、慣れてしまうとこのスピード感が病みつきになるみたいです。

大人も滑ってみましたが、体重が重いからか子供よりもスピードが出てる気が。中腹の平坦に差し掛かった時にはちょっとバウンドしてお尻が浮きます。

滑り台、結構急でしょ〜😆💦 #中根公園#滑り台#急斜面

A post shared by #むちむちくんのママ (@katsubuu) on

<地形を生かした公園の作り>

ロング滑り台も地形を有効利用したものですが、他の遊具の配置も起伏をうまく利用しており、山の中にところどころ現れる小屋は子ども達にとっていい基地感を演出。拾ってきた落ち葉や木の実を集めておままごとをしたりと楽しそう。

山を登ったり下りたり、木陰の遊歩道を駆けまわったりと息つく暇もなく遊びまくります。

<タイヤのブランコ>

児童公園での設置が珍しいタイヤのブランコ。普通のブランコとは違う動きをするこのタイヤのブランコは人気で常に待ち。

グルグルと回る動きが楽しいのか、調子に乗る子ども…。調子に乗りすぎた代償はもれなく「気持ちが悪い…」。自分の限界を知るいい機会になりそうですね。

<水遊び場>

夏はじゃぶじゃぶ池になります!遊具で汗をかいた後はじゃぶじゃぶ池でクールダウン!夏場は是非着替え持参で遊びに行きましょう。

春にはじゃぶじゃぶ池の上流の水溜まりにオタマジャクシも見れますよ!

中根公園住所

東京都目黒区中根2-6-33


団地の中に突如出現・巨大タコ滑り台!「藤塚第三児童公園」

<おすすめポイント>

  • 大きい!
  • 難しい!
  • 超ローカル!

都内のタコ遊具が軒並み撤去、縮小化されているのをご存知ですか?有名だった恵比寿の「恵比寿東公園」のタコがあんなにも小さくなってしまって、嘆きの声が聞こえてくる昨今。あのタコをもう一度拝みたいママ、子供に足を運んでほしいのが「藤塚第三児童公園」です。

<大きい!>

団地に囲まれた公園。まず目に飛び込むのが巨大ダコの姿です。とにかく大きい!薄ピンクのその姿は神々しくもあり大迫力です。かつて恵比寿にいたタコよりも、調布にいたタコよりも大きい!!

大きいので足の数も多い!様々な部分から滑り下りることができます。トンネルもたくさんあるのでかくれんぼにもってこい。

<難しい!>

その巨体ゆえに上に上るルートは多岐にわたり、場所によってはかなりの難易度。運動靴では厳しい急な斜面もあり、子どもの挑戦心をくすぐります。裸足になってもいい?と聞かれること必至。足が汚れることには目をつぶりましょう。

タコの吸盤にしてはやたらと長い突起物がついている足?の部分から上に上るのも一苦労。その高さも恐怖心をあおります。

<超ローカル!>

団地の一角の公園なのでとにかくローカル。どの駅からも遠いです!電車で行くとしたら、京王線柴崎駅から約25分ほど歩くと着きます。まさに、知る人ぞ知る公園です。タコ滑り台の楽しさを我が子にも味わわしてあげたい!そんな親心をかなえることが出来る公園です。

藤塚第三児童公園住所

〒201-0003 東京都狛江市和泉本町4丁目7

※当然ながらどの公園も専用の駐車場はありません。車で訪れる際には近隣のパーキングなどをご利用くださいね。


赤ちゃんとのお出かけでおすすめのスポットはこちらから

東京都内の赤ちゃんとのおでかけスポットのオススメ!授乳室やオムツ替えなど設備が充実する遊び場は?

定番から隠れた人気スポットまで、東京23区内のプールをチェック!

東京23区内で厳選!!夏に子どもと行きたいプールのオススメ!!