子供も花粉症になるの?子供用花粉症対策グッズのおすすめ

春先になると心配なのが花粉症。辛い鼻水や涙、皮膚のかぶれなどに悩まされているという人は多いですよね。そんな花粉症は、大人だけでなく子供もかかってしまうって知っていましたか?また、花粉のようなアレルゲンは年々蓄積されることでアレルギーとして発症してしまうといいます。幼児期や児童期から花粉症対策をすることは大事なんですね。そこで、今回はそんな花粉症対策やおすすめなグッズをご紹介したいと思います!


花粉症は子供もかかる!?

春になったら花粉症に悩まされるというママも多いと思いますが、実はこの悩みは大人だけのものではありません。幼児期や児童期でも花粉症を発症してしまうこともあるのです。

しかも、耳鼻科の先生によるとこういった年齢の子供の場合は特にアレルギー症状が重くなってしまうことも少なくないといいます。

健康に生活するためにも、花粉症の疑いがある場合は耳鼻科や眼科を早めに受診するようにしたいですね。


子供の花粉症ってどんなの?

子供の場合は、大人のように「くしゃみ」「鼻水」といったわかりやすい症状ではなく、鼻をすすったり鼻がつまったり目にかゆみがあったりというような曖昧な症状が現れるのが特徴です。そのため「花粉症になっている」ということに気づきにくいですし、風邪と勘違いしてしまうこともあります。

そうして、悪化する症状を放っておいて中耳炎のようなほかの病気の引き金となってしまうことも…。

そんな花粉症は、鼻や目に現れる症状以外にも、夜間の睡眠不足を引き起こしてしまうこともわかっているそうです。夜なられないと、昼間に元気をなくしてしまったり集中力がなくなってしまったりということもありますので、「ボーっとしていること増えたな」「最近昼間によくぐずるな」という時には花粉症を疑ってみましょう。


花粉症の対策

花粉症は、可能な限り花粉を吸いこまないように対策することが大事になります。

主な花粉対策としては、次のようなことが挙げられます。

  • 洗濯物は室内干しにする
  • 布団は外に干さないか、干しても掃除機をかける
  • 室内に空気清浄機や加湿器をおき、花粉の除去と高湿度(60%以上)を保つ
  • 毛などの花粉がつきやすい服装を避け、ナイロンやポリエステル、デニムといった表面がツルツルしたものを着るようにする
  • 自転車に乗る場合、レインカバーを閉めてあげる
  • 家に入る時には玄関の外で服を叩いて花粉を落とす
  • 外から帰ったら手洗いうがいをする

これだけでなく、免疫力を高めることも大事になります。子供に規則正しい生活を送らせて体力を落とさないようにしてあげたいですね。

また、免疫機能には腸内環境が大きく影響しているといわれています。ヨーグルトなどの乳製品や納豆などの発酵食品、さつまいものように食物繊維が多い食品やリンゴのように乳酸菌の栄養となるオリゴ糖を含んでいる食品を日常的に摂るようにするとよいですよ。


おすすめの花粉対策グッズ

花粉症対策におすすめなグッズが販売されています。子供用の花粉症対策グッズを簡単に見ていきましょう!

花粉対策眼鏡「 スカッシースマート2 キッズ」

花粉が目に入りにくい工夫がされている眼鏡。スカッシースマート2はレビューによるとあるとないとでは全然違うそうですよ。紫外線もカットできるので、春だけでなくオールシーズンのお出かけにも便利ですね。マスクをして眼鏡をすると曇ってしまうので、くもり止めも一緒に購入すると便利ですよ。


出典:ルーペスタジオ(楽天市場)

花粉ガードスプレー「アレルブロック花粉ガードスプレー ママ&キッズ」

髪や顔などに1日1回スプレーするだけで、つらいアレルギー症状を防いでくれるスプレーです。ハウスダストやウイルス、PM2.5にも効果があるそう。お肌に優しく、3歳くらいから使うことができます。ママも一緒にお出かけ前に簡単に使えるのはいいですよね。


出典:ホームライフ(楽天市場)

マスク「子供用ガーゼマスク」

花粉を吸いこまないために大事な花粉症対策グッズがマスクです。でも、子供によってはマスクをつけてくれないこともありますよね。そんな時にはプリントがオシャレなガーゼマスクをえらんであげるといいかもしれません。紙のマスクとは違って洗って何度も使えるので経済的なのもポイントです。


出典:R-station STORE(楽天市場)

目薬「スマイルアルフレッシュキッズ」

花粉が目に入ってしまったときには目がかゆかったり充血してしまうこともあります。そんな時に頼りになるのが目薬。こちらの目薬は4歳以上から使える目薬。涙に近い成分で作られていて低刺激なので子供もさしやすく、アレルギーによる炎症を鎮めてくれますよ。


出典:amazon.co.jp

子供の花粉症は、対策しないともっとひどくなるかも!?

子供の花粉症の症状や対策、対策におすすめのグッズを見てみましたが、いかがでしたか?

残念ながら、花粉症は食物アレルギーのように「成長することで治る」というものではありません。むしろ、アレルギーを放っておくと将来もっと重篤な症状に陥ってしまう可能性もあるのだそうです。

子供が花粉症かなと思ったら、眼科や皮膚科で適切な治療を受けることをおすすめします。