失敗しない子ども用ベッドの選び方&おすすめ6選

幼稚園や小学校など、子どもが大きくなってくると1人でも寝られるように子ども用ベッドを購入する家庭は多いです。そんな自立への第一歩とも言える子ども用ベッドですが、どのようなものを選べばよいのでしょうか?また、人気の子ども用ベッドは? 今回はおすすめの子ども用ベッド6つと一緒に選び方をご紹介したいと思います。

子ども用ベッドの選び方

子ども用ベッドには大人と同じようなシングルタイプと2段ベッドのように高さのあるロフトタイプのベッドがあります。

そんな子ども用ベッドは、ライフスタイルや子どもの性格でどの家具を選べばいいかは変わってきます。

サイズやデザインなど、今後どのように使いたいのかも考えながら選ぶようにしたいですね。

まずは、それぞれのベッドタイプごとのメリットやデメリット、どのような家庭に向いているのかをまとめてみました。

シングルベッドタイプの子ども用ベッド

シングルベッドタイプの子ども用ベッドはあまり高さがないこともあり、子どもが落ちてしまってもケガをしにくいのが魅力です。

ベッドの高さが低いので子どももすぐにベッドが使え、布団干しなどのお手入れや寝てしまった子どもを運ぶ時も楽にできます。

また、目線に家具がなくなりますのでお部屋が広く見えるなどのメリットもあります。子ども部屋の天井があまり高くない場合などにも向いているベッドです。

デザインも落ち着いているものが多く、大人になっても使いやすい傾向にあります。長期間使いたい場合、柵などが取り外しできるようになっているものを選ぶようにするのがおすすめですよ。

ベッド下収納があるものならおもちゃや絵本などを仕舞えて便利ですが、ロフトタイプのものよりも収納力は低めで嵩張ってしまいがちに・・・。

お部屋の家具を置く面積が増えやすくなります。ある程度広いおうちでなければストレスを感じてしまうかもしれませんね。

ロフトタイプの子ども用ベッド

ロフトタイプの子ども用ベッドは、ベッドの下にデスクやチェストなどの家具がおけるようになっているため、お部屋の家具の面積を最も省スペースにすることができる子ども用ベッドになります。

そのため、兄弟がいる家庭やマンション住まいなどスペースが限られているという人に特に人気のタイプ。

運動量も増え、活発な子はステップなどでずっと遊んでいるということもあります。

ただ、高さがあるため、寝てしまった子どもを運んだり布団を干したりなどが大変だという声も・・・。

また、落下防止の手すりやストッパーはもちろん、頑丈さや耐震性についてはきちんとチェックしておきたいところです。

このタイプのベッドは大きいので、1台でお部屋のイメージが固まってしまいやすいです。このタイプにはオシャレなものも多いので、ぜひとも厳選したいところですね。

子ども用ベッドのおすすめ6選

それでは、実際に人気な子ども用ベッドはどのようなものがあるのでしょうか?シングルベッドタイプとロフトタイプに分けておすすめをチェックしてみましょう!

シングルベッドタイプ

・シングルベッドN/E-ko(イイコ)


出典:楽天市場

子ども部屋に人気のベッドが、こちらの天然のパイン材のすのこベッド。

子どもが1人のうちはシングルベッドとして使え、兄弟が増えたら買い足して2段ベッドにできるという優れもの。ライフスタイルに合わせて使いやすい子ども用ベッドです。

しっかりしたつくりで、取り外し可能な手すりがついているのも安心のポイント。ベッドの下収納もできるので、おもちゃや絵本をしまうのにも使えますよ。

・スライド式木製伸長式すのこベッド


出典:楽天市場

「子ども用ベッドを買ってあげたいけど、中々スペースがなくて・・・。」という時におすすめなベッドが、こちらのスライド式のすのこベッド。

109cm~200.5cmまで、お好みの大きさにすることができるので、子どもの成長に合わせた大きさにしたりスペース的にちょっとベッドを置くには厳しそうな場所でも有効活用することができます。

ベッド下に収納ができるのも魅力です。

・SLÄKT スレクト/IKEA(イケア)


出典:楽天市場

こちらのシングルベッドも収納付きのシングルベッド。

ただ、こちらの子ども用ベッドの場合はベッドの下にもう1台ベッドを収納できるようになっているので、寝かしつけの時に隣で寝てあげることも出来ますし、友達がお泊まりに来たときにもすぐに使ってもらえます。

サブのベッドをしまうとベッド下が見えなくなりますので、スッキリとした印象のお部屋になりますよ。

ロフトタイプ

・ロフトベッド シングル ハイタイプ/LOWYA(ロウヤ)

出典:楽天市場

「とにかく省スペースにしたい!」という人におすすめなのが、ハイタイプのロフトベッド。ベッド下が135cmもあるハイタイプなら、デスクをベッド下に置いて勉強スペースにすることもでき、お部屋を広く使うことができます。

こういったハイタイプのロフト型子ども用ベッドは「1つの部屋を兄弟で一緒に使わなきゃ」という家庭には特におすすめ。個人の好きなスペースを作ってあげられますよ。

こちらのベッドははしごで上るタイプですので、さらに省スペースですむのも魅力。子どもは秘密基地感覚で楽しんでくれますよ。

天然木のすのこベッドなので、通気性も抜群。ナチュラルなブラウンや重厚感溢れるダークブラウン、北欧っぽいインテリアにおすすめのホワイトウォッシュなど、好きなデザインから選んでください。

・ロフトベッド システムベッド


出典:楽天市場

はしごタイプのものよりもちょっと大きくなりますが、子どもが小さいうちから安心して使用出来るのが階段タイプのロフトベッド。

中でもこちらのロフトベッドは階段部分に引き出しがついていて収納力も◎。デスクやラックも一緒に購入でき、使わない時にはロフトの下に収納できるのも嬉しいです。

ママが子どもの顔をのぞき込めるロータイプなので日々のお手入れも楽にでき、手すりなどもしっかりしているのも好ポイント。

かわいいデザインや機能性だけでなく、低ホルムアルデヒドなど安全面にもこだわっているおすすめのすのこ子ども用ベッドです。

・姫系 ロフトベッド ロータイプ 高さ135cm[2way]

出典:楽天市場

ロフトベッドの中には、シングルベッドとしても使える2wayタイプのベッドもあります。

2wayタイプのベッドだと、模様替えでお部屋のイメージを変えやすいですし、成長して「普通のベッドの方がいい!」と子どもが言い出した時にも簡単に組み替えられます。

そんな2wayタイプのベッドで、特に女の子におすすめしたいのが、こちらのロフトベッド。プリンセスっぽいデザインのパイプベッド。

ちょっと低めの高さに設計されていて、ベッドの下はチェストなどを置くのにちょうどいいスペースになります。

幼稚園や小学校など、子どもが大きくなってくると1人でも寝られるように子ども用ベッドを購入する家庭は多いです。

そんな自立への第一歩とも言える子ども用ベッドですが、どのようなものを選べばよいのでしょうか?また、人気の子ども用ベッドは?

今回はおすすめの子ども用ベッド6つと一緒に選び方をご紹介したいと思います。

シングルベッドにする時にも高さを3段階で調節することができる汎用性の高さも魅力ですよ。

友だち追加

この記事が気に入ったら「いいね!」してね