出産祝いのお返しは出産前に準備!オススメの内祝いをチェック

赤ちゃんの誕生を祝って貰う出産祝い。しかし、新生児のうちは慣れない育児や手続きなどに追われて多忙になり、出産祝いのお返し(内祝い)が中々できないということも。そのため、内祝いを出産前に準備しておく方が多いのです。しかし、「まだ貰っていないもののお返しをどう準備するのか」「どのような内祝いが良い?」と悩んでいる方も多いでしょう。そこで、今回は内祝いの準備方法やオススメの内祝いについてお教えします!


内祝いって?

結婚や出産、新築や快気祝いなど、お祝いしてもらった方にお礼の気持ちを込めて贈り物をするのが内祝いです。

この内祝いは、お祝いをいただいて1ヵ月以内にお祝いで頂いた金額の半額~1/3程度の品物でお返しするのが通例です。

しかし、出産後は新生児の赤ちゃんのお世話をしたり色々と手続きをししたりと何かと忙しい時期になります。そのため、出産前にある程度内祝いで贈る品物を選んでいるママやパパも多いのです。

 


出産前に内祝いをどうやって準備するの?

まだ赤ちゃんが産まれていない出産前に、どうやって内祝いを準備すれば良いのかお困りの方もいると思います。 しかし、することは次の3つだけ。そんなに難しくありませんよ!

  • お祝いをいただきそうな親族や友人、知人の住所をリストアップ
  • 何を贈るかを決めておく
  • 内祝いに添えるメッセージを決めておく

 

お祝いをいただく金額は大体決まっています。 親族の場合、従妹からは3000~5000円程度、兄弟は10000~30000円程度、(赤ちゃんから見て)おじいちゃんおばあちゃんは30000~100000円が相場となります。また、友人からは5000~10000円、会社関係の方からは3000~5000円くらいです。 内祝いは頂いた金額の半額~1/3程度の品物が通例。だから、

  • 従妹や会社関係の方には1000円~2500円程度
  • 兄弟には3500円程度~15000円程度

 

の内祝いを用意しておけば大丈夫でしょう。親や兄弟の場合は、内祝いが不要だと言われることもありますので、受け取ってくれそうな写真や名前入りの記念品などを用意したり前もって聞いておくと良いですよ。

出産祝いは、出産後すぐ贈ってくれるもいれば半年くらい経ってからという方もいて時期はバラバラ。どの商品をお返しするかまで決めておき、実際にもらってから注文をするようにしましょう。

また、内祝いにはメッセージを添えるのが通例です。お祝いへのお礼や子どもの名前、相手の健康や活躍を願う言葉などをあらかじめ決めておくと実際に贈る際にスムーズになります。

 


内祝いはどんなものが良い?

内祝いで喜ばれるのはどのようなものでしょうか。

■名入れギフト

内祝いで一番に思い浮かぶのが、写真や名前を入れることができる名入れギフトです。 こういったプレゼントは、近しい方には喜んでもらえる素敵なお返しになりますが、形が残ってしまうものだと友人や職場の方に送っても困ってしまうことも。もし贈りたい場合にはお菓子や消耗品がベターです。

出典:ベルメゾンネット

名入れギフトは申し込みをしてから時間がかかることがありますので、その点はよく注意するようにしましょう。 どのようなお返しをする場合でも、箱やラッピングに名前を書いたり写真を貼ったりするのはOKです。メッセージカードにお礼のメッセージと一緒に写真を貼って贈るように準備しておくと、どのような方にも喜んでもらえます。

 

 ■カタログギフトや商品券

「内祝いで何をお返しすれば良いかわからない」という場合には、カタログギフトを選ぶのが最も無難な手になります。カタログギフトは値段に合わせてカタログを選ぶことができ、受け取った側も好きな商品を選ぶことができるのでかなり便利です。また、「いっそのこと商品券で」という方もいます。

出典:ベルメゾンネット

 


内祝いで気をつけることは?

■内祝いで送らないほうがよいもの

刃物は「縁を切る」ということに繋がりますから、名入れをしていたとしても贈らない方が無難です。また、お茶は弔事を連想してしまうこともあり、あまり喜ばれないこともあります。

 

■連名でお祝いを貰ったら?

連名でお祝いを貰った場合、まとめて送っても個別で送ってもOKです。ただし、個別で送る場合には貰ったお祝いの半額を人数で割った金額を贈ることになります。職場などからのお祝いなら、まとめてお菓子の詰め合わせなどにしても良いかもしれませんね。

 

内祝いを贈るときには、幸せをおすそ分けする気持ちで!

内祝いはお祝いをいただいたお礼のお返しになります。しかし、「お返し」という言葉は「貰ったお祝いはいりません」という意味になってしまうのでタブーになります。

そのため、実際にはお返しでもその言葉は使わず、あくまで「お祝いの心遣いに感謝し、幸せをおすそ分けする」というような気持ちでメッセージを書いたり贈り物を選んだりするようにしましょう。