先輩プレママたちの妊娠中体験談。「妊婦あるある」を一挙大公開!

妊娠中にはお腹が大きくなったりホルモンバランスの変化から様々な生活の変化を感じることになります。特に、初産の人は特に「こんなことがあるんだ~」と驚くこともあります。今回は先輩プレママたちが経験した妊娠中の身体の変化の"あるある"をご紹介していきます!妊娠中にはどんなことがあるのか不安になっているプレママさんやプレパパさん必見ですよ。


くしゃみやいきみがこわくなる

お腹が大きくなってくると、「はずみで破水したりしないかな」と不安になることも。また、お腹につい力が入って痛みを感じてしまうこともあります。くしゃみは生理現象だし、妊娠中は便秘になりやすいのに…。

出典:Twitter

お腹が痛くなったらちょっとの間座って安静にしましょう。トイレのいきみは生活習慣を変えることで便を柔らかくできます。


お腹が大きくて靴下がはけない!

妊娠後期になるとお腹が大きすぎてつま先に手が届きにくくなります。靴下が履けなくなるという経験は妊娠中あるある。スニーカーの靴紐もむすびにくくなります。

ついでに、足の爪が切れないのも妊娠中あるあるです。ペディキュアをしている人は、つい目で追ってしまいます。

妊娠中の足元は、パートナーに任せていたという先輩プレママも多いですよ。さりげない優しさに惚れ直しそうですね。

出典:Twitter


お腹がつっかえて…。

妊娠後期に入ると、お腹が大きくなっていろいろなことに支障が出始めます。それは家事をしているときや仕事中でも。中でも多いのが、「手が届かない”あるある”」。

出典:Twitter
他にも「皿洗いをしたいのにシンクの奥まで手が届かない」「洗濯機の底のほうが取れない」「コピー機が使えない」など、当たり前にできていたことができなくなります。
こういう時に、周りの人に助けてもらうしかないのは歯がゆい気がしてきますよね。


外出中、お腹が大きく足元が見えない…!

妊娠中には無理なくできる運動としてウォーキングや散歩がすすめられています。
でも、お腹が大きくなってくると足元が見えなくてヒヤッとする経験をした先輩プレママも多いので注意が必要です。

出典:Twitter

スニーカーの靴ひもがほどけていて気付かずにつまずいたという話も聞きますよ。


もはや、トイレの住人!?

妊婦さんは便秘だけでなく下痢にもなりやすいため、お腹が痛くてトイレにこもりっぱなしになるというプレママもいます。

出典:Twitter

また、妊娠中期くらいから、徐々に子宮によって膀胱や腸が圧迫されてくるため、赤ちゃんの胎動によって膀胱が刺激されて頻尿にもなりやすくなります。中にはトイレにすぐ行きたくなって夜寝られなかったり数十分に1回はトイレに行っていたりという妊婦さんもいますよ。


寝るのさえつらいなんて…。

出典:Twitter

仰向けに寝ると苦しかったり腰痛になってしまったりしますので、妊婦さんは横向きが基本。抱き枕を使うとさらに楽に寝られるようになります。

また、夜寝るときになって急に胎動が活発になって寝られないということも”あるある”。赤ちゃんはママの不断の生活を邪魔しないように夜中に目が覚めていることが多いといいます。寝られなくてつらい場合は昼寝などちょこちょこ寝で乗り切りましょう!


こんなに涙もろくなるなんて…

出典:Twitter

妊娠中はホルモンバランスの変化から涙もろくなってしまいます。検診でのアドバイスや身内からの一言に敏感になってしまって「いつもはこんなこと気にしないのに…。」ということで泣いてしまうことも。
また、TVや漫画、昔の写真を見てついボロボロと泣いてしまうという人もいます。
涙にはストレス発散の効果があるといわれています。体調の変化などで知らない間にたまっていたストレスを発散しているのかもしれません。涙腺がもろくなっても気にせず泣きたいときには泣くようにしたいですね。


妊娠中だけ食べたくなる食べ物も!

妊娠中はホルモンバランスの変化から、つわりが起こって食事がしづらくなってしまう人も多いです。そんな人でもフライドポテトラーメン炭酸飲料など、今まで「そんなに好きじゃなかったんだけど」というものが猛烈に食べたくなることも。

出典:Twitter

つわりがあるときの食事は、食べられるときに食べられるものを食べるのが鉄則です。カロリーなどに罪悪感を感じずに食べるようにしましょう。こういった「何かを無性に食べたくなる」食べづわりの症状で食べたものは、生まれてくる赤ちゃんの好物になることが多いともいわれています。
「赤ちゃんが食べたがってる」と思うと、ちょっと気が楽になりますよね。


ほかの妊婦さんに感じる仲間意識

自分が妊婦さんになると、ほかの妊婦さんについ目がいくという人は多いです。電車に揺られているときや散歩をしているとき、ほかの妊婦さんを見てこっそり「頑張ろうね!」と心の中でエールを送るというのも妊娠中の”あるある”。

母親学級や同じ病院に通っている人とも、妊婦さん同士ならお話もしやすく出産前からママさんコミュニティーを作っている人も少なくありません。つわりが酷いときや身体が重くなって生活するのもつらいというとき、妊婦さん仲間がいると頑張れそうですね。


赤星ポテ子さんの妊娠中あるあるもこちらからチェック!

「妊娠中、スイーツを食べると胎動。産まれてきた子供は…」子育てあるある4コマ漫画

この記事が気に入ったら「いいね!」してね