花の漢字を使った女の子の名前!可愛くて人気の漢字は?

女の子が生まれた時、ママが好きな花や、花のように可愛く可憐に育ってほしいと願って名前の候補に花の名前を挙げるママも多いのではないでしょうか?今回は花の名前でそのまま名付けに使えるものを、花言葉とあわせてご紹介していきます!


「桜」優美で美しい女性に育つようにと願いを込めた名前

「桜」の花言葉には種類によってそれぞれ色々な意味が付いていています。

  • ソメイヨシノ:「純潔」「優れた美人」
  • シダレザクラ:「優美」「ごまかし」
  • 八重桜:「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」
  • 山桜  :「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」

どれを取っても、桜の花のように凛とした美しさを感じる花言葉ばかりですね。

桜の花はただ綺麗なだけではなくて、花弁が散る時の儚さや、どっしりとその場所に根付く力強さを備えた不思議な花です。

赤ちゃんに桜の名前を付けてあげることで、ちょっとやそっとのことで揺るがない強さと美しさを持った女性に育ってくれそうです。

「桜」の漢字一文字でも素敵ですし、「桜子(さくらこ)ちゃん」「桜音(おとね)ちゃん」「莉桜(りお)」「桜夜(さや)」など、一文字足しても美しい印象はそのままで可愛らしさもプラスされておすすめです。


「かすみ草」にちなんだ名前。派手な成功や利益ばかりに捉われない、真っすぐな心で育って欲しい

かすみ草の花言葉:「清らかな心」「夢心地」「無邪気」「親切」「幸福」

「かすみ草」にちなんだ名前を付けられた方の中には、かすみ草のイメージから分かりやすい成功や目先の利益ばかりに捉われないで、静かに自分の輝きを見付けられる女性に育って欲しいと願いが込められているそうです。日本女性の奥ゆかしい印象が伝わりますね。

かすみ草の本来の漢字は「霞」で、こちらも儚い美しさを感じることができる素敵なものですが、人によってはもやがかかる、など消えてしまいそうなイメージを持つ方もいます。花の可憐なイメージで名付けに使うのであれば、違う漢字やひらがな表記をおすすめします。

「花澄」「佳純」「香澄」など、どの漢字を使っても賢い女性に育ってくれそうで素敵ですね。


「楓」自分をきちんと律せる美しい女性へと育って欲しいと思いを込めた名前

楓の花言葉:「調和」「美しい変化」「大切な思い出」「遠慮」「節制・自制」

「楓」は秋に赤く綺麗に染まった葉を思い出すママも多いかと思いますが、春先に可愛い花を咲かせます。

特別派手な美しさよりも、楓の木自体しっかりその場所に根付く印象があります。

この名前を付けてもらった女の子は、揺らぐことのない信念をしっかり持ち、周囲と上手く調和しながら生きていくことのできる女性に育ってくれるのではないでようか。


「胡桃(くるみ)」を使った名前。可愛らしい印象と、賢さの両方を備えた女性に

胡桃の花言葉:「知性」「謀略」「知恵」「野心」

「胡桃」は木の実の印象が強いと思いますが、5月~6月に開花するご周知の通り健康にも良い効果のあるものです。

漢字ではなくひらがな表記で「くるみちゃん」という響きが可愛らしくて名付けに使われるママも多いですよね。

胡桃の花言葉には知性や知恵などの意味があり、女の子らしい可愛さを備えながらも理知的な素敵な女性育って欲しいと願うのであればピッタリの素敵な名前です。


「かんな」周りの人を元気にできるような女の子に

かんなの花言葉:「情熱」「快活」「永遠」「妄想」

「かんな」は中南米が原産地で、南国のトロピカルなイメージそのままの花を咲かせます。

花言葉の通り、情熱的で明るい元気な女性に育って欲しいと願って名付けるととても素敵なのではないでしょうか。

漢字表記がない花なので、かんなという響きの良さからまず入って、込めたい意味を考えながらあてはまる漢字を探すと良いですね。


春に生まれる女の子の名前で人気の漢字

春に生まれる女の子の名前でおすすめ!季節を感じる漢字10選

この記事が気に入ったら「いいね!」してね