ママもパパも気をつけて!初めてのおむつ替えで気をつけること

「赤ちゃんのおむつ替えなんて初めてで、どうやっておむつを交換してあげたらいいかわからない」。初めての育児はわからないことだらけですよね。おむつ替えもそのひとつ。自分の赤ちゃんが初めてのおむつ替えという人も多いはず。ですので、実際におむつ替えをするようになる前に、知っておいてほしいポイントをお伝えしていきます。


紙おむつ、布おむつ…。種類を把握しよう

おむつに種類があるのはご存知ですが?おむつも一種類じゃないですよ。 まずは、紙おむつと布おむつの違いから。紙おむつはいわゆる使い捨ておむつ。テレビCMなどで放映されているのは紙おむつですね。一方の布おむつは昔ながらのおむつで、洗って繰り返し使うタイプのおむつです。 また、紙おむつの場合はテープ式の紙おむつと、パンツ式の紙おむつの2タイプあります。

  • テープ式・・・新生児からハイハイをするようになる頃まで
  • パンツ式・・・ハイハイをするようになった頃から試し始める

出典:パンパースホームページ

 

新生児の頃はテープ式の紙おむつで成長に合わせて徐々にパンツ式にスライドをしていきます。 あと、気をつけたいのはサイズ。テープ式、パンツ式の中でそれぞれ新生児用や体重別にサイズがわかれて売られています。おむつのサイズを間違えたら、おむつと体の間にすき間ができてモレの原因になってしまうこともありますので、気をつけてくださいね。

 


おむつ替えは1日に何回も。新生児は1日10回以上

おむつ替えって1日に何回程度行うか知っていましたか?新生児の頃は実は10回以上。おしっこやうんちをしていたら、すぐにおむつを替えてあげましょう。おむつを交換する回数は、赤ちゃんの成長に伴って、すこしずつ減っていきます。

  • 新生児・・・1日10回〜12回
  • Sサイズ・・・1日8回〜10回

参照:メリーズホームページ

 

おむつを交換する時は、赤ちゃんの肌や、おしっこ、うんちの状態をこまめに確認をするのもポイント。たとえば、肌が赤かったり、便の色や量が違ったりした場合は、赤ちゃんの健康状態がいつもと違うことを知らせるサインの可能性があります。

 


有名なおむつでも赤ちゃんに合わなかったら×

テレビでCMをやっている有名メーカーのおむつを選んでおけば安心とは限りませんよ。おむつはメーカーごとに素材などに多少の違いがあって、肌がデリケートな赤ちゃんには、合わないおむつがあることも。 チェックポイントは、赤ちゃんの肌が赤くなっていないかです。もし、赤ちゃんの肌が赤くなっていたら、使っているおむつは肌にあっていないのかもしれません。色々なおむつを試しながら、赤ちゃんの肌に合うおむつを選んであげてくださいね。

 


赤ちゃんのおしりがむれないようにママがケア

赤ちゃんのおしりはただでさえ汗っかき。おしっこをしたらますますむれてしまいます。湿気がおむつの中でこもってしまうと、赤ちゃんのお尻がかぶれたり、ふやけて刺激に弱くなってしまうかもしれません。 赤ちゃんのおしりがむれないように、通気性の良いおむつを選ぶこと、赤ちゃんがおしっこをしたら、すぐおむつを交換してあげることが大切ですよ。交換する際に、すぐ新しいおむつをつけるのではなく、少しの時間、おむつを付けないでいて、赤ちゃんのお尻を乾かしてあげたりもしてみてくださいね。

 


新生児用の紙おむつをチェック

紙おむつに違いはあるの?人気メーカーの新生児用おむつ5選

 

おむつ替えの方法をチェック

やる前に確認しといて!赤ちゃんのおむつ替え。正しい方法