子供用の迷子紐(ハーネス)は必要なの?人気のリュック型からおすすめ5選を紹介!

お散歩でも子供が歩けるようになってくると心配なのが飛び出しや迷子。それを防ぐには手を繋ぐのが1番ですが、子供によっては嫌がってしまうこともありますよね。そんな時に便利なのが子供用の迷子紐(ハーネス)です。子供の安全を守るためにも周囲に迷惑をかけないためにも使用している家庭は多いですよ。今回は「ハーネスはペットみたいでちょっと…」という人も納得のデザインのおすすめを5つご紹介したいと思います!


子供用の迷子紐は、もはや常識!

好奇心旺盛な子供は、散歩中や遊んでいる時にすぐに道路に飛び出してしまうこともありますし、ふと目を離した瞬間迷子になってしまうこともあります。

ずっと手を繋いでいられれば良いのですが、レジでの会計をしている時や両手がふさがってしまっている時には難しいですし、そもそも手を繋ぐのを嫌がる子も多いです。また、勢いよく動き回っている子供の手を急に引っ張ったりするのも危ないです。

そんな時に活躍するのが子供用の迷子紐(ハーネス)です。以前は「子供がペットのようでかわいそう」という人もいましたが、子供の命を守るためにも周囲に迷惑をかけないようにするためにも使用している家庭は増えてきています。

でも
「ハーネスを使いたいけど、ペットみたいって思われるのがイヤ!」
という人は多いですよね。そんな時におすすめなのがハーネスに見えない迷子紐です。

出典:Twitter

今回はそんなハーネスに見えないかわいいおすすめの子供用迷子紐を5つご紹介したいと思います!


動物のバッグで可愛い「アニマルハーネスキッズリュック」(goldbug)

ハーネスに見えない子供用の迷子紐を探しているなら、リュックのようになっているハーネスがおすすめです。
ゴールドバグのキッズリュックは、誰もがかわいいと思ってしまう動物のぬいぐるみをリュックにした商品。ぬいぐるみですので、お出かけ中のおもちゃにもなりそうですね。お菓子が入るくらいの大きさで軽いので、力が弱い子供も安心ですよ。
ライオンやパンダ、コアラなど全13種類。お好きなアニマルを選んでください。

出典:CAMPAING(楽天市場)


ゆるくて可愛い「動物リュックサック ハーネス付」

ゆるい動物のキャラクターがかわいいのが、こちらのリュック。ふっくら丸いキュートなお顔は、プラスチックが入っているので変形しにくいと好評ですよ。1歳くらいから3〜4歳くらいまで使えます。ハーネスをつける部分は上部にありますので、頭からの転倒防止にも使えます。

出典:Biscotti(楽天市場)


おしゃれな海外のハーネス「アニマル・ハーネス オウル」(SKIP HOP)

ハーネスは、実は日本よりも海外の方がよく使われている商品です。そのためか、海外ブランドにはカワイイ商品がい~っぱい♪ポップなデザインのキッズ用品で大人気のスキップホップも、そんな子供用の迷子紐を販売しています。
1~4歳までが使用できるサイズですので、分別がついてハーネスが不要になったりしたら取り外しもできますよ。ハーネスがあってもなくても、とにかく゜*。オシャレ。*°なリュックです。テントウムシやハチ、フクロウの3種類。

出典:arne(楽天市場)


「ハーネスリュック」(ダディッコ)は実用性、機能性も抜群。

動物やキャラクターもの以外にも、オシャレでかわいいリュック型のハーネスはたくさんあります。
そんなオシャレなハーネスの中でも人気なのが、こちらのダディッコのハーネスリュック。大きさ・重さともに1歳くらいの子供から使える大きさで、肩にかける部分にクッションがあったりハーネスを引っ張ったときの力を分散させる背板があったりという優しい造りが魅力です。
ハーネスの接続部分はバックル式なのでお出かけ中でもささっとつけやすいのも人気の秘密です。

出典:ダディッコ楽天市場店(楽天市場)


リュックの上にも下にも装着可能!「あっちこっち迷子防止リュック」 (Solby)

絵本のようにポップでかわいいリュック型のハーネスが、ソルビィのあっちこっち迷子防止リュックです。重さはたった127gですので、1歳頃の歩きはじめた子供でも使うことができます。
上側にハーネスがつく場合にはとっさの時に子供が頭を打たないようにすることができ、リュックの下部についている場合には引っ張っても子供が転びにくいというメリットがあります。リュックの下についているものだと、後ろから見てシッポみたいに見えるのもキュートですよね。

出典:パサージュショップ(楽天市場)


子供用の迷子紐(ハーネス)の人気と特徴は?

最近子供用の迷子紐で特に人気なのが、今回ご紹介したリュック型のハーネスです。

リュック型のハーネスなら、「ハーネスらしい」感じもなく、ハーネスを子供につけることに拒否感がある人も問題なく使えるという意見も多いです。また、大きくなってからもリュックとして3~4歳くらいまで使えるという使用期間の長さも人気の理由です。リュックですので、当然収納もでき、おむつやおやつなどの荷物を持たせてあげられます。

一方で、ベストのようになったシンプルな迷子紐を選ぶという人もいます。シンプルな迷子紐なら、軽くてかさばらず持ち運びがしやすいというメリットがあります。車やベビーカーで移動してからハーネスを使いたいという時には便利です。

リュック型の迷子紐もシンプルな迷子紐も、ハーネスとしての機能にはそこまで違いはありませんので、用途に合わせて選ぶようにすると良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら「いいね!」してね