出産の時のパジャマどうすれば良い?産院で着るのにおすすめの服装の選び方とブランド

出産の準備をしていると、産院によっては「パジャマを持ってきてください」と指示してくるところがあります。そこで気になるのが、「どんなパジャマや服装が良いの?」ということ。 今回は、産院や出産の際に着るパジャマ選びで気をつけたいことと、購入におすすめの店舗やブランドをまとめました。

出産におすすめのパジャマとは

出産を控えて産院に入院する際、マタニティパジャマというパジャマを持参するように言われることがあります。

産院で着る服装を選ぶ時には、基本的には次のようなポイントを押さえておくとストレスなく着られ、診察や授乳もしやすくなりますよ。

  • ボタンなどで前開きできるようになっているパジャマ
  • トップスが膝丈くらいありワンピースのようになっているパジャマ
  • 身体を締め付けないゆったりとしたデザインのパジャマ
  • 柔らかくアレルギーになりづらい生地(コットンやパイルなど)のパジャマ

妊娠中や出産後は暑がりになるママが多いですが、産院の室温は一年中20度から25度くらいで保たれています。

そのため、

  • 夏場:半そでに羽織り物
  • 冬場:厚すぎない長袖

を選ぶというのもポイントですよ。

産院から、パジャマは1週間の入院の場合、最低でも2~3着用意するように指示があります。

産後は悪露(おろ)や授乳時のトラブルなどもありますし、慣れない赤ちゃんのお世話で汗だくになることも多く、パジャマは汚れやすいです。

入院中は、なかなかパジャマを洗濯できないこともありますので、少々多めに準備しておくと良いかもしれません。

出産の際のパジャマはニーズにより異なる

先ほどは、出産の際に産院で着用するのに良いパジャマを一般的な目線からご紹介しました。

産院で着る服装は、産院によって指定があったり、「こんなマタニティパジャマが良かった!」など出産するママのニーズによって異なります。

ポケット付きパジャマ

赤ちゃんの育て方に関する指導が多い産院の場合、移動が多くなるため、ポケット付きのマタニティパジャマがおすすめです。

ポケットがあった方が、資料や筆記用具を持って移動しやすいためです。

授乳口付きパジャマ

入院中にお見舞いに来てくれる方が多い場合は、授乳口が付いていたり、パジャマに見えないようなかわいいデザインのパジャマを選ぶのがおすすめです。

産前・産後どちらも使えるパジャマ

パジャマを「産院に入院しているときだけでなく自宅でも使いたい!」という場合は、産前も産後も着られるようになっているパジャマがありますよ。

ウエストにアジャスターが付いていれば、妊娠中は締め付けられるのを防ぐことができ、出産後はズレ落ちを気にすることなく長く使うことができる代物です。

出産の際のパジャマにおすすめの店舗&ブランド

産院で着たり出産の際に着るマタニティパジャマは、どのブランドのものが良いのでしょうか?

おすすめの店舗やブランドをまとめてみました♪

①アカチャンホンポ

アカチャンホンポは、実店舗で赤ちゃんやマタニティ用品を多く取り扱っています。

マタニティパジャマも豊富なので、様々なデザインの中から選ぶことができますよ。

アカチャンホンポで販売されているパジャマの中で、特におすすめなのが次のマタニティパジャマです。

  • [授乳口付き]パジャマロールアップタイプ 90cm丈 アイボリー
[授乳口付き]パジャマロールアップタイプ 90cm丈 アイボリー

出典:アカチャンホンポ

袖部分をめくりあげてボタンで固定できるので、沐浴指導の時などに便利です。

パンツのウエストは調節ゴムが付いており、産前・産後どちらでも着ることができますよ。

②西松屋

アカチャンホンポと同様に、西松屋では赤ちゃんグッズとマタニティグッズを一気に揃えることができます。

プチプラな商品が多いのも嬉しいポイントです。

産院では、多くのママが西松屋のマタニティパジャマを使用していますよ。

西松屋でおすすめのパジャマはこちらです。

  • 授乳仕様)オーガニック二重ガーゼパジャマ
授乳仕様)オーガニック二重ガーゼパジャマ

出典:西松屋

授乳口が別についている前開きの二重ガーゼパジャマです。

オーガニックコットンを使用しているのに、税込3,000円以下で購入できるお値段も魅力的です。

大きなポケットがついているので、財布などもポケットに入れて持ち歩きやすいです。

③ユニクロ

ユニクロは、マタニティウェアは販売していますが、まだマタニティパジャマは販売していません。

ただ、大きめの前開きワンピースを購入して、産院に入院中のパジャマにしていたというママは多いようです。

パジャマには見えないけれど楽チンなのは、人目が気になる産院のパジャマにピッタリかもしれません。

伸縮性のあるマタニティ用のレギンスもあわせると◎

  • エクストラファインコットンAラインストライプワンピース(7分袖・丈標準104.5~114.5cm)
エクストラファインコットンAラインストライプワンピース(7分袖・丈標準104.5~114.5cm)

出典:ユニクロ

その他おすすめの店舗

マタニティパジャマは、ほかにも

  • バースデイ(しまむらの系列)
  • GAP
  • H&M

などでも販売されていておすすめです。

また、マタニティウェアは、イトーヨーカドーやイオンなどのショッピングセンターでも販売されていることもあります。

ショッピングセンターであれば試着ができるところもありますし、比較的安価に購入できることも多いです。

一度覗いてみることをおすすめします。

また、ユニクロのように、マタニティパジャマでなくても、無印良品やGUなどで大きめサイズのものを購入し、産院でパジャマ代わりに使用していたというママも多くいます。

その場合、

  1. トップスの長さ
  2. 前開きができるか

の2点はしっかりと押さえておくようにしましょう。

出産の際のパジャマはネットショップでも買える

産院や出産の際に着るパジャマは、インターネットで買うのもおすすめです。

実店舗の方が手に取って素材を確かめられますし、試着ができる場合もあって良いと思う方も多いかもしれません。

でも、パジャマを購入したくても、近くにショップがなかったり、気に入ったデザインがなかったりという場合もあります。

そんな時は、楽天などのインターネットショップで購入するのがおすすめです。

インターネットショップで人気のブランドには、

  • SWEET MOMMY
  • ANGELIEBE
  • Milk tea
  • 犬印本舗
  • フェリシモ

などがありますよ。

マタニティパジャマだけでなく、ママ向けのグッズで人気のブランドばかりですので、品質の高さも安心です。

次の記事でも紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、産院や出産の際におすすめのパジャマの選び方とブランドをご紹介しました。

ご紹介したパジャマを参考にして、産院から指示があったものや、自分が必要とする機能を兼ね備えたパジャマを選ぶようにしましょう。

友だち追加