ミルクの作り方や温度は?赤ちゃんへのミルクの飲ませる時のポイント

初めての子育てはわからないことがたくさん。ミルクの飲ませ方もそのひとつかもしれません。そこで、赤ちゃんの成長に大切なミルクの作り方、飲ませ方、飲ませる際にポイントをご紹介しますね。ママはもちろん、イクメンを目指すパパも参考にしてみてくださいね。


どう作るの?赤ちゃんにミルクをあげる準備

まずは、赤ちゃんにミルクあげるための準備です。次の手順でミルクを準備しましょう。

  1. お湯を沸騰させて約70℃に冷ました後、哺乳瓶の規定量の3分の2くらいまで入れる
  2. 月齢にあった量の粉ミルクを哺乳瓶に入れる
  3. 哺乳瓶を、円を描くように振り、粉ミルクを溶かす
  4. 哺乳瓶の規定量までお湯を足す 5.人肌程度(35~37℃)に冷ます

出典:岡山県ホームページ

 

ミルクを作る際は、哺乳瓶と温める器具は清潔にしておく必要があります。消毒には、ミルトンなどの哺乳瓶を消毒する洗剤を用意しましょうね。 粉ミルクを入れる時は、目分量ではなく、計量スプーンを使うこと。また、人肌程度に冷めた時は、一度、自分の腕にミルクを垂らして、温度を確認しましょう。

 


どうあげるの?赤ちゃんへのミルクのあげ方

ミルクが準備できたら、赤ちゃんにミルクをあげましょう。赤ちゃんにミルクを飲ませる手順は次の3ステップです。

  1. 飲ませやすい位置に赤ちゃんを抱っこする
  2. 哺乳瓶を横にせず、空気が入らないように哺乳瓶を立ててミルクを飲ませる
  3. ミルクを飲み終わったら、赤ちゃんにげっぷをさせる

出典:岡山県ホームページ

 

あげるミルクの量や回数は、新生児の頃から成長や個人差によって変わってきます。粉ミルクのパッケージに書いてある量を参考にしながらあげていきましょう。よく3時間おきにともいいますよね。病院に検診に行った時に、医師にミルクの飲んでいる量などを伝えて相談してみるのもありですよ。

 


ミルクをあげるときのポイントや注意点は?

赤ちゃんにミルクを飲ませる時は、必ず抱っこをして、少し頭を起こしてあげましょう。寝かしたまま飲ませるのは、赤ちゃんの器官にミルクが入ってしまう可能性があるのでNGです。 そしてゆっくりとミルクを飲ませていきます。哺乳瓶のふたがきつく締まりすぎていると、うまくミルクが出てこないので、少し緩めに締めておくことがポイントのようです。哺乳瓶だと、赤ちゃんはミルクと一緒に空気を飲んでしまいやすいので、ミルクを飲み終わった後は必ずげっぷをさせてくださいね。げっぷは赤ちゃんの背中を下から上に軽くさすってあげてください。上手く出ない時は横向きに寝かせてあげるなどしましょう。

また、赤ちゃんがミルクを飲み残した場合、次に取っておかずに捨てるようにしてください。雑菌が繁殖してしまいますので、飲み残しをあげるのは赤ちゃんによくありません。