妊婦の飲酒はいつからNG?妊娠初期からダメ?妊娠中のビールや焼酎がダメな理由

妊娠がわかる前は、ビールや焼酎、日本酒、ワインなどを飲むことが好きだったプレママは、「妊娠中は一滴も飲まないほうがいいの?」といつからお酒を飲んだらダメなのか気になりますよね。妊娠初期はビールを飲めないこともストレスになりそうだし。「妊娠中に飲酒をしたらダメは理由は?」「ノンアルコールビールの場合はOK?」などの疑問も含め、妊娠中のビールやお酒についてまとめてみました。


妊婦さんは妊娠初期から授乳期まで禁酒が大切!

「妊娠中はいつから飲酒がNG?」これは、妊娠初期から母乳で育てるママは授乳期までです。東京都板橋区のホームページには、妊娠初期から授乳期までの飲酒がNGな理由について、次のように記載されています。

  • 胎児への悪影響は妊娠初期から始まるので、赤ちゃんができる時期であれば、その頃からお酒を飲まない(飲ませない)ように気をつけましょう。
  • 妊娠中期・後期も赤ちゃんの脳の成長に影響を及ぼすので、飲むことはできません。
  • 授乳期も母乳を通して赤ちゃんにアルコールが届いてしまいます。

出典:板橋区ホームページ

 

お腹の中の赤ちゃんだけでなく、母乳を通じても赤ちゃんにビールやお酒が届いてしまうんですね。母乳での子育て考えている妊婦さんは、しばらくお酒は我慢ですね

 


妊娠中にビールや焼酎などのお酒を飲むと、どんな悪影響があるの?

妊婦さんがお酒を飲むと、接種したアルコールが胎盤を通じてお腹の中の赤ちゃんにも運ばれてしまうこと、授乳期の場合は、ママの体の中にアルコールが残っていると、母乳を通じて赤ちゃんがアルコールを飲酒してしまうことはお伝えしたとおりです、

そして、 お腹の中の赤ちゃんがビールなどのアルコールを摂取すると、早産や流産、分娩異常の原因になる可能性があると言われています。

さらには、胎児性アルコール症候群(FAS)という次のような障害を引き起こしてしまう恐れもあるそうです。

 

胎児性アルコール症候群(FAS)

  • 低体重などの発育障害
  • 目が小さい、顔が平たい等、顔面に関する奇形
  • 難聴や歩行困難などの脳の障害

出典:厚生労働省e-ヘルスネット

また、胎児性アルコール症候群には治療法がなかったり、飲酒の量や時期などの原因もはっきりしていないため、妊娠中を通じてお酒を飲まない方がいいといわれています。

 


妊婦はノンアルコールビールだったら飲んでも大丈夫?

「ビールやワインがダメなのはわかったけど、ノンアルコールビールだったら飲んでも大丈夫なの?」。確かに、ノンアルコールイン飲料を飲んで大丈夫だったら、お酒が好きだった妊婦さんの「ビールが飲みたい!」っていうストレスは少なくなりますよね。そこで、ノンアルコール飲料を販売しているメーカーのホームページを確認してみました。

<サントリー>

Q『オールフリー』は、妊産婦(妊婦)・授乳中の女性が飲んでも大丈夫ですか?

アルコール0.00%なのでアルコールによる影響はありません。ビールテイストの清涼飲料です。原材料(製品に表示)をご確認いただき、ご心配のある場合は医師にご相談ください。

出典:サントリーホームページお客様センター

 

<アサヒ> Q妊娠中や授乳期に飲用しても大丈夫?

Aアルコール0.00%の炭酸飲料ですので、問題ありません。

出典:アサヒドライゼロホームページ よくあるご質問

 

どちらも妊婦さんが飲むことに問題はなさそうですね。ただし、「オールフリー」も「ドライゼロ」もアルコール0.00%の商品。少しでもアルコールが入っているものは控えましょうね。また、添加物が含まれているノンアルコール飲料もありますので、事前に確認をしましょう。自分の判断で飲まず、産婦人科の先生に、ノンアルコール飲料なら飲んで大丈夫か、きちんと確認してからがよさそうですね。

 


必要な栄養素など妊娠初期の食事のポイントをチェック!

気をつけることは?妊娠初期の食事のポイントまとめ

 

ビールなどのお酒をはじめ、妊娠中は注意したい食べ物・飲み物を一気にチェック!!

妊娠中は禁止!妊婦には注意が必要&禁忌な食べ物・飲み物まとめてチェック